日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、は上手く機能していくのか?

初の仮想通貨業界の自主規制である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)を金融庁は、自主規制機関として認定したが、この団体は果たして上手く機能していくのか。

一言で言ったら、この業界は、全体が無秩序でありながら、多額の資金がやりとりされている無法状態であった。

ハッカーによる攻撃に取引所がハッキングされたり、詐欺まがいのICO等の横行、取引所職員による不正行為、マネーロンダリング対策の不備等、この業界には問題が山積みであり、一般の人達からに「仮想通貨は恐ろしい」という懐疑の目を向けられ、金融庁からは厳しい行政処分を度々受けてきた。

自主規制団体の発足は、業界の信用を回復する前向きな一歩と言っていいのかもしれない。

この自主規制団体は、業界における細かな自主規制のルールを定めて、業界における会員を指導監督して、ルールに従わなければ処分する権限も備えている(金融庁の指導に従い、自主規制団体が更に業界全体を秩序立てて指導監督していく権限を得た)。

ハッキング防止の為のセキュリティー対策やマネーロンダリング対策、取引所経営陣のコンプライアンス意識の向上といった、今回だけでも自主規制団体が策定したことは大きな前進と言えるが、この業界には課題が多く残っている。

2017年末から2018年1月にかけて、ビットコイン価格は約220万円と大きく上昇したが、その後は、ネガティブなことを経て価格は乱高下しながら、現在は約73万円位である。

ボラティリティが高く、上記で述べたような問題を解決しない限り、法定通貨に代わるような決済手段として定着して、流動性を高めていくことは困難だろう。

仮想通貨業界は黎明期とも言われ、伸び代は大きく、インターネットに例えると1990年代の半ばから後半くらいであると例えられたりする。

仮想通貨交換業協会は20人程度とまだ少なく、今後の自主規制団体の拡充も大きなポイントになってくると思う(同じ規制団体の日本証券業紹介は300人以上)。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

自己循環論法から見る仮想通貨のこれから

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「自己…

「ADAとの出会い」、「噂で市場が乱高下する時代は終わった」

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「AD…

手持ち草コインについて アソビコイン その2

取引可能になるまで保留。ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア