11月16日に控えたビットコインキャッシュのハードフォークについて

2018年11月16日(日本時間午前1時40分頃)、ビットコインキャッシュのハードフォークが実施されます。

ハードフォークによる分裂によって新しい仮想通貨が誕生するかもしれないという噂からかビットコインキャッシュの価格が上昇しました。

もともと、ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題による技術的な限界を改善するため、ビットコインからハードフォークによって、2017年8月に分裂して誕生しました。

今回行われるハードフォークによって、ビットコインキャッシュから、

  • ビットコインキャッシュABC(BCHABC)
  • ビットコインキャッシュSV(BCHSV)

が誕生するのではと噂されています。

日本の仮想通貨取引所のアナウンス

ビットコインキャッシュのハードフォークに対して、アナウンスを行なっている日本の仮想通貨取引所は、下記の通りです。

bitbank

2018年11月15日にビットコインキャッシュ(BCC)の大規模アップグレードが予定されています。これに伴い、BCCにハードフォークが発生する可能性があるため、ビットバンクではお客様資産のスナップショット(保有残高の記録)を2018年11月16日01時40分JST(Unixtime 1542300000)頃に取得し、またBCCの預入・引出を、2018年11月15日22時00分JST頃より停止いたします。BCC預入・引出の停止期間においては、預入を行わないようお願い申し上げます。

スナップショットの取得:2018年11月16日01時40分JST頃
BCC預入・引出の停止:2018年11月15日22時00分JST頃
※BCC及びその他の仮想通貨の売買は通常通り行うことが可能です。
※その他の仮想通貨の預入・引出は通常通り行うことが可能です。

尚、BCC預入・引出停止の解除日時につきましては、状況が更新され次第改めてお知らせします。

Zaif

2018年11月16日01時40分ころよりビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のハードフォークが予定されております。これに伴い、同時刻ころにお客様の保有残高のスナップショットを取得いたします。

※入出金処理につきましては9月より引き続き停止しており、この事象に係る対応はありません。
※チェーンが分岐した際の新通貨のお客様への付与、またZaifでの取り扱いについては現在未定ですが、方針が立ち次第ご報告いたします。

Liquid

2018年11月16日に予定されているビットコインキャッシュ(BCH)の大幅なアップグレードに伴い、Liquidではビットコインキャッシュの入金および出金を、ハードフォークが始まる予定時間の24時間前の2018年11月15日(木)1:40amから停止いたします*。ハードフォークが完了した約24時間後の2018年11月17日(土)1:40am頃から、ビットコインキャッシュ入金および出金の申請受付を再開する予定です。停止開始時間および再開時間は、ハードフォークの状況によって変更の可能性があります。この期間中、取引には影響はありません。

*入金を停止している時間帯は入金されてもシステム残高への反映は行われません。



ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ビットコインキャッシュは年に2回アップグレードを行っています。通常でしたらこのアップグレードが取引に影響を及ぼすことはないのですが、次回のアップグレードはハードフォークとよばれる大規模なアップグレードとなっています。これによりビットコインキャッシュは、BitcoinABCとBitcoinSVという2つの独立した、互換性のないチェーンに分裂する可能性があります。

大手仮想通貨採掘企業Bitmainが支持しているBitcoinABCは、定期的なアップグレードに向けて、異なるブロックチェーン上の資産を交換することなどを可能にする技術を含む、新たなソフトウェアの仕様を公開しました。一方、ブロックチェーン企業nChain社のクレイグ・ライト氏を中心とするBitcoinSVは、これがサトシ・ナカモトの思想から離れると考え、独自のクライアントを開発、その中でブロック容量を4倍に増やすことを提案しています。

これらの対立する2つのアップグレードが、ビットコインキャッシュがBitcoinABCとBitcoinSVという2つのチェーンに分裂する結果となる可能性があります。



Liquidは、開発資源を私たちのサービス開発に集中させるため、新しいBitcoinSVをサポートする予定はありません。BitcoinSVを受け取りたいユーザーは、Liquidから資産を出金し、BitcoinABCとBitcoinSVの両方のチェーンをサポートしている別のプラットフォームに資産を移管する必要があります。

Liquidは原則として告知がないかぎりは、新しいフォーク(分裂)をサポートしていません。

コインチェック

2018年11月16日、BitcoinCashのハードフォークが予定されております。つきましては、Coincheckサービスにおいて下記の通り一部機能の停止を行いますため、ご注意くださいますようお願い申し上げます。



BitcoinCashのハードフォークについて
予定日時:2018年11月16日 AM1:40〜  (15日25:40)

一部機能の停止について
■一時停止となる機能
・BCHの入出金
・BCHの売買

■停止予定時間
・2018年11月14日 PM12:00〜

■入出金停止の詳細
上記停止日時以降、「Coincheck以外のウォレット」から「Coincheckウォレット」へのご入金を行わないよう、お願い申し上げます。万が一入金してしまった場合、残高への反映は入出金機能の再開後となります。
また上記停止日時以降、「Coincheckウォレット」から「Coincheck以外のウォレット」への送金は停止致します。

今後新しい情報がアナウンスされる可能性があるので、今後のビットコインキャッシュに注目です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

コインチェックが商社や金融機関などと資本提携検討

NEM大量流出のコインチェックが商社や金融機関などと資本提携検討していることがわかりました。

イギリス政府がブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を法律に導入することを表明…

イギリス政府が現在施行中のイギリス国内の法律に、ブロックチェーンやスマートコントラクト技術を組み込むことを表…

インド政府の高官が 「仮想通貨は合法化されるべき」と発言

インド政府が「仮想通貨を合法化するべき」と考えを明らかにしたことが、2018年12月26日に報じられました。…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア