「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜第2回『正直「大丈夫かな?」と思っている取引所がある』〜の内容についてまとめました〜その3〜

2018年11月8日に放送された「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜第2回『正直「大丈夫かな?」と思っている取引所がある』〜の内容についてまとめました。今回は〜その3〜です。

仮想通貨を保管する最適な方法とは?

奥山氏の「間違いなく個人がアプリケーション等でウォレット管理するよりもウォレットの扱い方に長けた取引所で保管をした方がいいと思います」という意見に対して、苫米地氏は「本質的にそれは間違いで、無数にある個人のウォレットよりも一箇所に固まっている取引所のウォレットの方が盗まれてしまうリスクが高いんです」と意見が対立しました。

何故コインチェックは狙われたのか?

MC堀潤氏の、「何でコインチェックがハッカーに狙われたんでしょうか?」という問いかけに対し、奥山氏は「日本の取引所だけが狙われているのではなくて、海外の取引所と比べると日本はむしろ少ないくらいです。ウォレットの中にある仮想通貨をいかに安全に財産として守り続けるかというのが大切で、脆弱性にさらされているかということを交換業者自体が非常に認識しているので、そこを鉄壁にしなくてはならないということで業者は今すごい努力をしているんです」と述べたのに対して、苫米地氏が「本来は、交換業者と個人の秘密鍵を管理する業者といったように業者によってライセンスを分けるべきで、日本では交換業者が全てを行なっているのが問題なんです」と再度意見が対立しました。

  • 奥山氏の意見:業者へしっかりとしたルールを適用する
  • 苫米地氏の意見:業者でライセンスを分けるべき

仮想通貨取引所はまだまだ心配

奥山氏と苫米地氏の意見が対立する中、藤本氏は「この業界・市場の進歩のスピードは非常に速くて、通常の4倍のスピードで成長していると言われています。今の時点ですべて安心とは言い切れないので『心配!』と回答しました。ただこの領域に関しては、私は奥山さんと違ってユーザーに近い立ち位置なので、奥山さんの話を聞いて認識が変わってきた部分はあります」と述べました。

仮想通貨取引所の内部監査が心配

田代氏は、「私は『心配!』に挙げさせて頂きました。今年に入って、行政処分(業務改善命令)が特に6月に大手を含めて取引所に対して出されて、各社が業務改善を行なっている最中ですが、私も取引所の中に入っている人間として、現在心配な部分があります。何が心配かというと内部管理です。金融の発想でいくと、『交換所を運営している開発者』と『コンプライアンス』、『内部監査』のすべてが確立していれば、たとえ現場がきちんとしたことをやっていなくても内部監査で自浄作用を働かせることが出来るので、この組織は大丈夫だと言えます。今はこの確立がまだ不十分です」

「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜第2回『正直「大丈夫かな?」と思っている取引所がある』〜最終回〜に続きます。

YouTube

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜「今日のコイナー」ガリガリガリクソン編〜

2018年11月15日に放送された「真相解説!仮想通貨ニュース!」には「今日のコイナー」という仮想通貨取引を…

「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜「今日のコイナー」参議院議員・経済評論家 藤巻健史…

2018年12月14日に放送された「真相解説!仮想通貨ニュース!」には「今日のコイナー」という仮想通貨取引を…

「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜第2回『正直「大丈夫かな?」と思っている取引所があ…

2018年11月8日に放送された「真相解説!仮想通貨ニュース!」〜第2回『正直「大丈夫かな?」と思っている取…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア