次世代の分散型仮想通貨取引所CROSS exchange(クロス・エクスチェンジ)とは?

2018年11月20日より、CROSSプロジェクトが手がける、世界にグローバル展開予定の仮想通貨取引所CROSS exchange(アゼルバイジャン共和国からライセンス第1号登録)がオープンしました。

「仮想通貨市場のインフラを整備したトークンエコノミー」の構築を目指すCROSSプロジェクトは、仮想通貨市場の中で一番重要なものを、仮想通貨を安全に保管することが出来るウォレットと仮想通貨の流動性を高める取引所であると考え、独自のシステムを取り入れた次世代の分散型の世界を目指します。

今回は、CROSS exchangeについて紹介します。

公式サイト

CRoss exchangeの特徴

  • 簡単で便利、多彩な取引が可能

仮想通貨初心者にとっても分かりやすいトレード画面で少額からの取引が可能です(もちろん、プロのトレーダーにも対応)。

ビットコイン系やイーサリアム系のトークンを扱うウォレットに、CROSS exchangeを接続して取引を行うことが可能なので、多くの通貨で円滑な取引が可能です(ビットコイン系のトークンはライトニングネットワーク上のみでとか、イーサリアム系のトークンのみしか扱えないということがない)。

その他、自動取引マイニングツールや、自動アービトラージツール等をユーザーに提供します。

  • 取引マイニング

仮想通貨取引所では、仮想通貨取引を行う時に取引手数料がかかりますが、CROSS exchangeでは取引量に応じて取引所の独自トークンであるXEXトークンがもらえる取引マイニングというシステムを導入しています。

取引によって得られるXEXトークンは、ロックをかけることによって、取引の際にもらえるXEXトークン量が増えます。

ロックを一切かけない通常の状態では、取引手数料の100%分のXEXトークンが取引マイニングされますが、ロック(一定期間XEXトークンを保有し続けること)をすることによって、取引手数料の最大130%分のXEXトークンが払い出されるマイニングプランも選択できます。

XEXトークンは、保有しているだけで取引所の収益のがユーザーに分配されます(通常は20%)。

収益の分配プランもXEXトークンを一定期間ロックすることによって、収益の分配が最大80%までアップする収益分配プランを選択することが出来ます。

XEXトークンは、上場させる仮想通貨の決定投票や、取引所の重要事項の決定決議等に使用されます(CROSS exchange内で売却が可能)。

  • 日本語に対応している等、充実のサポート体制

CROSS exchangeは、日本語に対応しているので、英語が苦手な人でも安心して利用することが出来ます。

その他、24時間オンラインヘルプを受け付けており、充実したサポート体制が整っています。

  • OTCデスクによる相対取引

CROSS exchangeを通じて、24時間いつでも相対取引を行うことが可能。

CROSS exchangeがエスクローの枠割を果たすので、送金を行なったが現金が受け取れない等といったトラブルはありません。

  • 世界水準のセキュリティと運用体制
マルチシグによるホットウォレットとコールドウォレットの仮想通貨管理体制
2段階認証
ログイン履歴の管理
常時、セキュリティシステムのアップデートと監視を、世界トップレベルのセキュリティ企業との提携によって行う
ユーザーの資産は、CROSS exchangeの資産と分別して管理を行い、毎日算定・照合を行う
  • 仮想通貨取引専用スマートフォンアプリ

人気の通貨ペアを多数揃えたCROSS exchangeのスマートフォン用アプリがリリース予定です(ダウンロード無料)。

  • アセットバック通貨の専門市場の開設

CROSS exchangeが、アセッドバック通貨の専門市場を作って、積極的に優秀なプロジェクトのリスティング(収集)活動を行います。

CROSS exchangeで取り扱われている通貨について

CROSS exchangeで取扱っている通貨は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ether/ETH)、リップル(Ripple/XRP)、テザー(Tether/USDT)です。

基軸通貨であるCROSS(XCR)や取引マイニングで得られるXEXも利用可能です。

CROSS exchangeの登録方法

利用規約を確認後、上の画面の「私は上記規約に同意します」の左のチェック部分にチェックして、確認をクリックします。

このような画面が出てきたら各項目を入力します。

認証コードを入手をクリックすると、入力したメールアドレス宛に認証コードが送られてくるので、認証コードの欄に入力して登録をクリックすればログインすることが出来て登録が完了です。

2段階認証の設定

2段階認証の設定は、ログイン後にサイト右上のマークの所にカーソルを持ってくると、上のようになるので、「セキュリティ」をクリックします。

画面中央右側の「2段階認証」の下の水色の部分をクリックして「有効にする」にします。

スマートフォンに2段階認証のアプリがダウンロードしていない場合は、ダウンロードしたら「次のステップ」をクリックします(ダウンロードしている人は何もしないでOK)。

ダウンロードしたら画面中央のQRコードをスマートフォンで読み取ります。

読み取りを行なったら、スマートフォンの2段階認証アプリに6桁のコードが出てくるようになります。

「次のステップ」に進みます。

スマートフォンを故障したり、紛失した時の為に、バックアップキーを保存しましょう(2段階認証が解除された場合、バックアップキーで回復することができます)。

「次のステップ」へと進みます。

スマートフォンの2段階認証アプリに表示された6桁のコードを入力して、2段階認証を有効にして、「次のステップ」へ進めば2段階認証の登録は完了です。

また、2018年11月30日までの期間中に、新規口座を開設して、本人確認を行い、初めて取引を完了したユーザーに対して、10ドル(約1,100円)相当のビットコインを受け取ることが出来る「口座開設キャンペーン」が開催されているので、是非この機会にCROSS exchangeに登録してみてはいかがでしょうか。

公式サイト

公式LINE

公式Telegram

公式Twitter

公式Facebook

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカ最大級の仮想通貨取引所Coinbaseの特徴について

アメリカ最大手の仮想通貨取引所であるCoinbaseが、日本の仮想通貨取引市場の開拓を目指すと発表がありまし…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア