金融庁が投資家を保護する為にICO規制を実施

2018年12月1日、金融庁が仮想通貨投資を行っている投資家を保護する為に、独自トークンを売買する事業者に対して、ICOに対する規制を行う姿勢を明らかにしたと明らかにされました。

ICOの中には、詐欺まがいのプロジェクトも多数存在し、個人投資家を中心にトラブルに発展しているケースも往往にしてあることから、金融庁が投資家保護の為に、今後はICOを行う事業者に対して登録を義務付ける方針で、2019年の通常国会で金融商品取引法や資金決済法の改正案の提出を目指す方針であるとのことです。

さらには、コインの価格を不確実な情報を流すことによって高騰させる行為に対しても金融商品取引法によって、禁止事項を盛り込む方針であるとのことです。

金融庁が本格的にICO規制に乗り出すことによって、今後は日本人投資家がICOに投資する機会が制限されることが予想されますが、詐欺まがいのプロジェクトに投資をするリスクが軽減されるので、長期的にみて、仮想通貨市場にとっては市場整備の良い傾向であるとも言われています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ウクライナ当局の調査によるとオデッサ地方議会と国会の関係者57人が21000BTCを…

ウクライナ当局の調査によるとオデッサ地方議会と国会の関係者57人が21000BTCを保有していることがわかり…

アメリカ合衆国テキサス州 が「ステーブルコインは通貨に相当する」 と独自の見解を述べ…

2019年1月2日、アメリカ合衆国テキサス州は、ビットコインをはじめとした仮想通貨よりも価値が安定しているス…

サウジアラビア政府が、個人や企業の仮想通貨取引を禁止することを表明

2018年8月12日、仮想通貨取引そのものを違法とする声明をサウジアラビア政府が出しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア