G20首脳会議において、仮想通貨課税制度の整備に向けて、国際的連携を表明

2018年12月1日午後(日本時間午後)、G20首脳会議において仮想通貨の議論がなされて、仮想通貨課税制度の整備に向けて、国際的に連携していくことが表明されました。

2019年は日本が議長国を務めますが、同年中に検討を進めていき、翌2020年までに最終報告をまとめあげると共に、仮想通貨によるマネーロンダリングやテロ対策についてはFATFの方針で取り締まりを行っていくそうです。

拠点が国内にない海外企業は課税することが出来ないことを利用した課税逃れの方法が悪用されていると指摘については、「経済のデジタル化に伴う国際課税制度上の課題について解決策を模索し、引き続き連携する」と表明されてOECD等が検討している国境を越えた電子サービスへ課税を行うシステムの作ることにも意欲を見せました。

デジタル課税については、各国様々な利権が絡み合い、来年開催されるG20サミットや財務相・中央銀行の総裁会議でも議論の難航が予想されるので、議長国としての日本の対応に注目が集まります。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

名門スタンフォード大学経営大学院でブロックチェーン技術や仮想通貨を学ぶクラスが新設さ…

グローバル企業がブロックチェーン技術の導入を模索する中、ブロックチェーン技術や仮想通貨業界に精通した人物が求…

SONY(ソニー)がマイニング関連の特許を申請!

世界大手の家電メーカーで知られるSONY(ソニー)が、アメリカにてマイニングに関する特許を申請していたことが…

Cardanoプロジェクトの内の1社であるEMURGOが、ブロックチェーンエクスプロ…

第3世代ブロックチェーンCardanoの内の1社である、商業特化した株式会EMURGOは、他のブロックチェー…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア