イギリスの議会議員が、ビットコインによ納税を提案

イギリスのウォールソール北部選挙区の議会議員であるエディ・ヒューズ氏が、納税や公共料金等の支払いにビットコイン決済が出来るようにするべきと声明を発表しました。

欧米では、アメリカのオハイオ州が企業を対象にしたビットコイン納税の構想を公表しており、仮想通貨による納税の普及が行われていきそうな様子があります。

エディ・ヒューズ議員は、仮想通貨ファンであり、現在ブロックチェーンが今後普及していく技術であることから、イギリスの議会議員らに対して、「ブロックチェーン技術を理解する必要がある」と述べています。

最近、RNLI(王立救命艇協会)という仮想通貨の寄付金を受け入れる団体と面談を行い、「ビットコインで地方税や支払いを出来ない理由はどこにあるのか」と自身の考えを明らかにしたとのことです。

上記、アメリカのオハイオ州が企業を対象にしたビットコイン納税の構想を発表した件について、エディ・フューズ議員は今後の新たな納税手段になると評価して、イギリスの仮想通貨に対するスタンスについて、「イギリスの立ち位置を注意深く考えて、時代に取り残されないように進歩的な国とならなければならない」と述べました。

イギリスは、仮想通貨が暴落する前は、FCA(英国金融行動監視機構)が仮想通貨に対する規制を急速で導入する必要性に迫られており、仮想通貨業界に深刻なダメージを与える厳しい規制がなされる危険性があったとされていましたが、仮想通貨市場の暴落によって、規制当局は、バランスの良い規制の実施に向けて取り組めるようになったとされています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカのワイオミング州において仮想通貨を通貨と定義する法案が可決される

2019年1月31日、アメリカのワイオミング州が、仮想通貨を通貨と定義する法案を可決しました。

韓国財務大臣キム・ドンヨン「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言

中国を訪問中の韓国財務大臣キム・ドンヨンは「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言しました。

ロシアのメドヴェージェフ首相が「2018年の仮想通貨の弱気相場は仮想通貨を葬り去る理…

2019年1月15日、ロシアのメドヴェージェフ首相が、経済のカンファレンスフォーラムのスピーチにおいて、「2…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア