コスプレ業界に内在する問題を解決するCOSPLAY TOKEN独占取材!

世界中でコスプレ市場は、年間15%も成長している、非常にアクティブな市場です。

コスプレイヤーが使用するコスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業であり、コスプレのイベント運営やグッズ販売等も含めると、非常に巨大な市場であると言えます。

ビットチャンスは、コスプレ業界の問題を解決する手段として「Cure World Cosplay」という既存のプラットフォームにブロックチェーン技術を導入して立ち上げた、「COSPLAY TOKEN」CMOの中川氏にインタビューをしました!

今回は〜第3回「『COSPLAY TOKEN』と『CURE PLAYER COIN』とポイント制について」〜です。

一部の有名なコスプレイヤーさん以外は、活動するのにお金がかかってしまうことから活動が大変で、継続して活動しにくいイメージがあるのですが、その点についてはいかがですか?

その通りですね。

トップコスプレイヤーにでもなれば、ゲーム会社からマーケティングで「ゲームのイベントに来て」等と声がかかったりしたり、テレビに出演したり等と、収益になったり等と生計を立てることが出来ます。

しかし、一般的なコスプレイヤーさんは趣味のレベルの人が多く、お金だけがかかってしまい、活動が出来なくなってしまう人もいます。

コスプレ経済圏の持続的発展という部分で、我々の信念として、そういう部分を改善していきたいと考えています。

そうやって熱量を持って活動をしている人に対して活動の場を提供したいし、熱量だったり思い入れの部分をオリジナルトークン(CURE PLAYER COIN/CPC)を発行することによって、活動資金に充ててもらい更に良い作品を生み出してもらいたいと思います。

コンテンツホルダー側も、そういう著作品で実際に企業としてマネタイズすることが出来るスキームを作り上れば、良いスパイラル的に循環していくでしょう。

プラットフォーム内で仮想通貨等に携わったことがない人が、その市場に入ってくるきっかけに繋がり、市場の全体的な底上げとなる

今世界には無数にトークンがありますが、本当の意味でトークンが流動して、サービスとして使用されているというのは非常に少ないのが現状です。

自分達としては、本当の意味でのトークンエコノミーを作り出していきたいし、もちろん作り出していく自信も持っています。

もう少し、マクロの視点で考えた時に、ブロックチェーンや仮想通貨は、一般的に普及していくにはまだまだ時間がかかると思いますし、現在は、投資投機対象となっている場合が多いと思います。

当然「Cure World Cosplay」のプラットフォーム自体も、仮想通貨をやっている人達よりも仮想通貨をやっていない人たちの方が多いと考えられますが、プラットフォーム内で仮想通貨やブロックチェーンに今まで携わっていない人が、その市場に入ってくるきっかけとして、「Cure World Cosplay」のプラットフォームは非常に相性が良いので、仮想通貨やブロックチェーンの市場の全体的な底上げになると考えています。

コスプレイヤーがプラットフォーム内で発行するオリジナルトークン(CURE PLAYER COIN/CPC)について

「Cure World Cosplay」のトークンエコノミーは、「COSPLAY TOKEN」を基軸通貨にして、「COSPLAY TOKEN」を用いてコスプレイヤーさんがオリジナルトークン(CURE PLAYER COIN/CPC)を発行していく構造になっています。

「CURE PLAYER COIN」は、イスラエルのBancor(バンコール)のプロトコルが用いられています。

これはホワイトペーパーにも記載されていますが、Bancor(バンコール)プロトコル開発者のYudi LeVi(ユディ・レヴイ)氏が「COSPLAY TOKEN」プロジェクトのアドバイザーに就任しており、実際にBancorのエンジニアと一緒にトークンの開発を行なっております。

仮想通貨に詳しくないユーザーに対して、ポイント制を導入

ただ先ほども申し上げた通り、ユーザーの中には仮想通貨に詳しくなかったり、仮想通貨を絶対にやらないというユーザも中にはいると思います。

「COSPLAY TOKEN」で自分達のオリジナルトークンである「CURE PLAYER COIN」を発行して、「CURE PLAYER COIN」で自分達の限定のコンテンツを発行していくというのが主のやり方になるのですが、どうしても仮想通貨をやりたくないという人に対しては、円やドル等の法定通貨でポイントを購入してもらい、そのポイントでコスプレイヤーさんの支援が出来たり、コンテンツ購入を出来るように、運営していきます。

ポイントに購入してもらってプラットフォームに入ってきた法定通貨に関しては、「Cure World Cosplay」が市場に流通している「COSPLAY TOKEN」を買い戻すことによって、マーケットメイクをしていきます。

やはり、一つはトークンの価格・時価総額というところが大切で、トークンの価格をどうやって上昇させていくのかを考えると、コスプレイヤーさんに対しての還元であったり、投資家に対しての還元ということにつきます。

他プロジェクトでは、こういった部分がないがしろにされていることが多いので、ポイントが購入されてプラットフォームに入ってきた法定通貨に関しては、「COSPLAY TOKEN」を市場から購入して、プラットフォーム全体を構築していこうと考えています。

COSPLAY TOKEN独占取材!〜第4回「CURE PLAYER COIN」を用いるメリットや他のプロジェクトにない強みとは?〜に続きます。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「FinDapps(ファインダップス)β版」リリースを発表した株式会社モバイルファク…

2019年2月25日より、ブロックチェーンゲームとアプリに特化したDApps専用検索サイト「FinDapps…

匿名通貨Quras独占取材!〜第4回「Qurasと他のプロジェクトのパートナーシップ…

個人情報は個人で管理をしていく時代が将来必ずやってきます。プライバシーの保護は、ヘルスケアの分野や金融、イン…

COSPLAY TOKEN独占取材!〜第5回「『COSPLAY TOKEN』のロード…

世界のコスプレ市場は、年15%成長のアクティブな市場です。コスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業で、コスプレ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア