コスプレ業界に内在する問題を解決するCOSPLAY TOKEN独占取材!

世界中でコスプレ市場は、年間15%も成長している、非常にアクティブな市場です。

コスプレイヤーが使用するコスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業であり、コスプレのイベント運営やグッズ販売等も含めると、非常に巨大な市場であると言えます。

ビットチャンスは、コスプレ業界の問題を解決する手段として「Cure World Cosplay」という既存のプラットフォームにブロックチェーン技術を導入して立ち上げた、「COSPLAY TOKEN」CMOの中川氏にインタビューをしました!

今回は〜第6回「『COSPLAY TOKEN』が業界に与えるインパクト等について」〜です。

「COSPLAY TOKEN」の登場によって業界に与えるインパクトについて、どのようにお考えですか?

「COSPLAY TOKEN」は、実際に仮想通貨を使ったことのない人々にもブロックチェーンや仮想通貨を使ってもらうことによって、ブロックチェーン全体の盛り上げに貢献出来るのではないかと考えています。

そして、今までコスプレ業界が抱えてきた課題を解決していって、業界全体の発展にもつながる。

ロードマップにも記載をしていますが、2019年12月までに500万人の会員を目標にしています(現在は72万人の会員)。

この数字を聞くと、現在の会員7倍ということもあり、本当に達成出来るのかとご質問頂くことが多いのですが、私達としては現実的な数字だと考えております。

72万人の会員については、ほとんどマーケティング費用をかけずに口コミで伸ばしてきました。

また、サイトへの訪問者数も会員・非会員合わせて200万人が既に訪れています。

非会員から会員への導線施策及びにマーケティング費用をかける事で、500万会員に向けてユーザーを増加させていきます。

また、好きなコスプレイヤーの写真だけでなく他の写真も見られるので、他のサイトよりも1人当たりの平均滞在ビュー数が6〜7と多いのも強みです。

有名なコスプレイヤーがプロジェクトのアンバサダーに入っている

マーケットメイクに繋がってくるところで、有名なコスプレイヤーがプロジェクトのアンバサダーに入っています。

例えば、有名コスプレイヤーのSEEUさん(中国のウェイボーというSNSに80万人以上のフォロワーを抱えている)が「COSPLAY TOKEN」のアンバサダーになっていますが、そういった有名コスプレイヤーが他にもアンバサダーとして入っています。

ブロックチェーンが実装されて、「Cure World Cosplay」にブロックチェーン技術を発行できるタイミングでコスプレイヤー達が一斉に「CURE PLAYER COIN」を発行する話を進めています。

有名コスプレイヤーのフォロワーというのは相当数いるので、その人達にトークンを購入してもらうというスキームになっています。

現在、仮想通貨を取り巻く市場は、整備に向けて動いているという印象を受けます。 「COSPLAY TOKEN」としてはこのような地合いをどのようにお考えですか?

投資家保護の観点から、いわゆる「詐欺コイン」が減るので、規制が進むと言うのは良いことであると考えます。

規制が強まって行くことにより、取引所に新たなコインを上場させることに対しても、取引所側の審査も厳しくなっています。

中身のないプロジェクトは、上場する事が難しくなり、詐欺コインは自然と淘汰されていくでしょう。

2019年は、Cure WorldCosplayのように既にユーザーを抱えているプロジェクトまたは、資本力のある企業ではないと、資金調達を含めてプロジェクトを進めていけないのではないかと思います。

実際、プロジェクトの進行が止まっているプロジェクトも数多くあります。

色々質問にお答えいただきましてありがとうございました。ユーザーの方々に向けてコメントをお願いします。

「COSPLAY TOKEN」は、既に「Cure World Cosplay」というプラットフォームに既に多くのユーザーを抱えているプロジェクトという点が強みであり、今後コスプレ市場で用いられるトークンとなる自信を持っています。

ただ、当然コスプレの領域だけでは考えていなくて、コスプレと蜜説に関係するエンタメ領域、ゲームやアニメ、漫画、今でいうとeスポーツ(スポーツのコンピュータゲームを複数名で対戦を行う競技)とかバーチャルユーチューバー(人間ではなくCGで作成された架空のキャラクターのユーチューバーのこと)がキーワードになってきますが、そのような市場でも自分達のトークンを使えるようになることを考えています。

実際そういったプロジェクトとパートナーシップを締結しています。

皆さんにはコスプレは日本が生んだ文化なので、プロジェクトを支援する形で、是非自分達のプロジェクトに期待をして欲しいです。

なお、2018年12月20日、B11で放映される「真相解説!仮想通貨ニュース!」に、「COSPLAY TOKEN」中川氏がコメンテーターとして出演予定です。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

匿名通貨Quras独占取材!〜最終回「Qurasの世界を変革する信念について」〜

個人情報は個人で管理をしていく時代が将来必ずやってきます。プライバシーの保護は、ヘルスケアの分野や金融、イン…

次世代の分散型仮想通貨取引所CROSS exchange(クロス・エクスチェンジ)に…

次世代の分散型仮想通貨取引所CROSS exchange(クロス・エクスチェンジ)へインタビューをしました!…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア