FAANGの時価総額の下落は仮想通貨市場の下落幅以上?

現在(2018年12月17日)、仮想通貨相場の低迷が続いて「仮想通貨は終わった」や「セリクラがやってきた」という声がよく聞かれます。

仮想通貨市場の時価総額は、最高値であった2018年1月の8300億ドル(約93兆7900億円)から7000億ドル(約79兆1000億円)下落して、悲惨な相場であるが、FAANG(FacebookやAmazon、Apple、Netflix、Google)は、時価総額がピーク時から約1兆ドル(約113兆円)下落しており、仮想通貨市場よりも下落が大きかったことが明らかになりました。

  • フェイスブック33.7%
  • アマゾン19.1%
  • アップル26.8%
  • ネットフリックス34.8%

上記のように大幅に下落しており、FAANGのような大企業であっても数多くの下落要因によって株価を下げているので、今後の仮想通貨市場への影響に注目です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

大手仮想通貨取引所Houbiが2019年前半にステーブルコインを発行とCFOが発言

シンガポールの大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)が、2019年中にステーブルコインを発行する計画を行な…

アリババ系決済サービス「アリペイ」のブロックチェーン技術を用いた送金サービスがサービ…

2019年1月8日、中国のアリババ系決済サービス「アリペイ」のブロックチェーン技術を用いたクロスボーダーの送…

ウクライナでネム(XEM)によるブロックチェーンの選挙投票のテストが行われる

2018年8月7日、ウクライナ中央選挙委員会が、地元のネム財団と連携して、ブロックチェーン技術を利用した選挙…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア