ブロックチェーン技術者の求人数が増加。アメリカでは、ブロックチェーン開発者求人数が約33倍

アメリカにおいて急成長している職業をまとめたレポートを、「LinkedIn(世界最大級のビジネス向けSNS)」が発表しました。

「Linkedin」がまとめた2018年のレポートは、ブロックチェーン開発者の求人募集数がここ5年間で33倍にまで増加したことを発表しました。

アメリカの中でも、ニューヨークやサンフランシスコ、アトランタ等での需要が高く、世界大手のソフトウェア会社「IBM」、イーサリアム共同設立者であるジョセフ・ルービン氏の「ConsenSys」、法人向けブロックチェーンのソリューションを提供する「Chainyard」等といった大きな企業がブロックチェーン開発者の募集を行っています。

開発者に求められる条件は、仮想通貨やブロックチェーンに関する知識の他に、プログラミング言語の「Solidity」や「JavaScript」等の技術が求められるようです。

新しい技術であるブロックチェーンは、技術を持つ人材は少ないものの求人数は世界中で増加しており、アジアにおいて2017年比でブロックチェーンの求人数が50%も増加したとされています。

こういう人材不足を解決するために、日本やアメリカ等でブロックチェーンの技術者を育成する学校等の試みがなされています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

今話題のビットコインそもそもビットコインってどんなもの??

最近話題の仮想通貨の中でも時価総額1位のビットコインがどのようなものか紹介します。

ロシアのサラトフ州でブロックチェーンを用いた選挙を実施が実施されて、無事成功を収める

2018年12月12日に、ロシアのサラトフ州で行われたブロックチェーンを導入した4万人以上が参加した選挙が成…

JPモルガンが「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている」と分析

低迷が続く仮想通貨の相場が続いていることから、「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア