アメリカの議会が、イラン国が発行を企画している仮想通貨に経済制裁を加える法案を提出する

2018年12月17日、国家や金融機関としてイラン国が発行を計画している仮想通貨に対して、新たな経済制裁をかける法案をアメリカ議会に提出したと発表がありました。

同法案である「HR 7321」(マネーロンダリング・テロ資金供与対策の為に提出された法案)は、イランの違法な金融システムに経済制裁を加える為の法案とされています。

イランの仮想通貨による資金調達を禁じること等を行うことによって、イランで仮想通貨売買や送金等を行なった外国人に制裁を加えることを狙いとしています。

アメリカのイランに対する一連の経済制裁は、2005年から始まり、アメリカとイランの核合意によって2015年に一時停止されて、トランプ大統領が2018年5月に核合意破棄をおこなったことにより、現在の経済制裁が導入されました。

その後、アメリカからの経済制裁をイランが回避することを目的に、イラン国発行の仮想通貨開発を研究していく予定と報じられていました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

インド財務相コメントの拡大解釈で仮想通貨市場下落か

インド財務相コメントの拡大解釈で多くの仮想通貨が大幅に下落しました。

人気チャットアプリ「カカオトーク」の親会社カカオが、ブロックチェーンの子会社を設立す…

ブロックチェーン子会社の設立を「カカオトーク」の親会社カカオが発表しました。

仮想通貨トロンが、イーサリアムよりも1年早く、約6ヶ月で100万アドレスに到達!

仮想通貨トロンが、イーサリアムよりも1年早く、約6ヶ月で100万アドレスに到達しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア