仮想通貨資産プラットフォームBakktのビットコイン先物の提供開始の再び延期となる

アメリカのICE(インターコンチネンタル取引所)が、仮想通貨資産プラットフォームBakktの、ビットコイン先物取引の提供予定日を2019年1月24日から1月30日に延期されることになると噂されています。

ICEは、Bakktにおけるビットコイン先物取引の開始予定日を2018年12月12日から2019年1月24日に延期するとことを2018年11月20日に発表していました。

CFTC(アメリカの商品先物取引委員会)は、Bakktが取引を開始するのに必要な承認がまだICEに付与されていない状況であるが、Bakktの取引開始が2019年1月24日から、2019年1月30日に遅れることになるかもしれないとされています。

CFTCは、必要である審査を既に終えているが、審査後にその審査を公表を30日間の間に決定する必要があります。

この提出されたコメントを審査は、早くても2018年12月26日になりますが、審査から30日間かかると、Bakktのビットコイン先物取引の提供予定日は2019年1月24日に間に合わなくなり、2019年1月30日になるとされています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

イオス(EOS/EOS)とは?

一年で700億円以上を調達したEOSとは?

NEM.io財団が組織体系を改めることを発表 | 一部ニュースサイトが報じた「NEM…

2019年1月31日、NEM.io財団が、プロモーション中心の組織からプロダクト中心の組織へと組織を再編する…

インターネットのウェブ広告の閲覧報酬として、仮想通貨を稼げる仕組みを分散型ブラウザの…

インターネットのウェブ広告を閲覧した報酬として独自の仮想通貨BAT(Basic Attention Toke…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア