ライトコイン財団が総合格闘技団体「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」のスポンサーになる

2018年12月26日、仮想通貨ライトコインの(LiteCoin/LTC)ライトコイン財団が、総合格闘技団体「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」のイベントで、スポンサーになることを表明しました。

今回、ライトコイン財団がスポンサーとなったのは、「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」のライトヘビー級タイトルマッチです。

ライトコイン財団は、今回スポンサーになったのを、仮想通貨の普及に向けた取り組みであるとして、

「既に様々な機関や団体が、仮想通貨やブロックチェーン技術を推進し続けているが、今回のスポンサーシップはこうした技術が主流・主軸になっていくことを示している」

と述べました。

世界のスポーツ市場は約5570億ドルであるとされており(2017年)、仮想通貨関連のスポンサーは広がりを見せており、スポンサーとなることによって資金調達を行い、スポーツ市場に更に新たなスポンサーが現れると言われています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

新たな規制で国内の仮想通貨の将来が不透明に(タイ)

タイの財務省が新たな仮想通貨の規制の枠組みを発表しました。

2018年注目すべきビットコイン先物取引

CMEグループは、ビットコイン先物取引を開始すると発表した。

金融庁が初めて海外の仮想通貨業者に警告。ICOの勧誘等を行う。

2月13日、金融庁は無登録の仮想通貨交換業者のブロックチェーンラボラトリーリミテッドに改正資金決済法に基づく…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア