クウェート国立銀行でリップルネットを用いた国際送金サービス立ち上げ

2018年12月27日、クウェート国立銀行(NBK)が、クウェートの金融機関で初めて、リップルネットのブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー取引の送金サービスをリリースしたことが明らかになりました(リップルネットは、リップル社のクロスボーダー取引のネットワーク)。

クウェート国立銀行がリリースした今回のサービスの名称は、「NBK ディレクト・レミット」と言い、「数秒でいつでも送金が可能」な技術で、今後はヨルダンで、その後も世界各国でサービスを拡大していくそうです。

新時代の国際送金サービスの提供を目指すリップル社と提携する企業は増えており、2018年11月にはマレーシア大手銀行CIMBがリップルネットに加盟しており、三菱UFJ銀行も日本とブラジル間でリップルネットを用いて国際決済サービスを導入すると発表しました。

リップル社は、国際送金として世界的に普及しているSWIFT(国際銀行間通信協会)を将来的に追い越すことを目指しており、数秒で送金が可能なリップル(XRP等)に世界が注目しています(SWIFTは、送金時間が数日かかる場合もある)。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

金融庁が仮想通貨ETFを検討しているかも?市場にとってはポジティブ材料!

2018年1月7日、金融庁が仮想通貨ETF(上場投資信託)について検討しているとブルームバーグが報じました。

アメリカ最大手仮想通貨取引所Coinbaseが日本に参入

イギリスの最大手の仮想通貨取引所HitBTCに続き、アメリカ最大手の仮想通貨取引所Coinbaseが日本の市…

試験的にビットコインの紙幣が販売開始しました(シンガポール)

シンガポール国内で、ビットコインの紙幣が試験販売開始されました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア