Yahoo!ファイナンスが選出する「今年の企業」にスクエアが選出される

Yahoo!ファイナンスが選出する「今年の企業」にSquare(スクエア)が選出されました(2015年がFacebook、2016年はエヌビディア、2017年はAmazon)。

2018年9月頃から、FAANG等アメリカ企業の株価が軒並み急落しましたが、Squareの株価は、2018年9月時点で170%のプラス、2018年12月現在は72%上昇しています。

2018年の1月から、Squareはビットコイン取引を開始しました。

ビットコイン取引が出来るアプリ「キャッシュ」のダウンロード数も順調ですが、「キャッシュ」アプリの責任者ブライアン・グラサドニア氏は、(株価)上昇の要因はビットコイン取引が原因ではなく、「既存のストレスがかかっていた金融ツールを人々に普及したことが要因である」と述べました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

JPモルガンCEOのダイモン氏「オリジナルの仮想通貨JPMコインは、消費者が使う可能…

2019年2月26日、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが、JPモルガンが発行したオリジナル…

日本のフィンテック協会とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わす

Money 20/20 Asiaにおいて、日本とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わしました。

中国中央銀行総裁はSTOを「中国の不法金融活動」と違法性を強調

中国中央銀行総裁はSTOを「中国の不法金融活動」と違法性を強調しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア