アメリカの銀行大手モルガン・スタンレーがマネーロンダリング対策不備によって罰金

2018年12月26日、アメリカ銀行の大手モルガン・スタンレーが、マネーロンダリング対策が不備であった問題(マネーロンダリング防止プログラムが適切に機能しなかった問題)について、金融取引業規制機構(FINRA)が同銀行に対して1000万ドル(約11億1000万円)の罰金を課しました。

仮想通貨業界だけではなく、どこの業界もマネーロンダリング対策が徹底されることが求められているが、アメリカドルが一番マネーロンダリングの温床になっているという指摘もあります。

仮想通貨投資ファンドのモルガン・クリーク・デジタル・アセット創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏が「アメリカドルがマネーロンダリングの一番の選択肢になっている」とTwitterで発言しました。

2018年10月には、フィンランドが拠点の北ヨーロッパ最大の銀行であるノルデア銀行が、マネーロンダリングに関与したのではないかと報じられました(バルト三国の銀行から不正な資金を受け取ったという疑惑)。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

シンガポール金融管理当局(MAS)が「シンガポール政府採用の仮想通貨」という詐欺サイ…

2019年1月29日、シンガポール金融管理局(MAS)が、仮想通貨がシンガポール政府で正式採用されていると主…

韓国大手企業LGが、ブロックチェーンスマートフォンを発表!?

2019年9月8日、韓国大手企業のLGが、ほどなくしてブロックチェーンスマートフォンを発表するという記事を韓…

OECDが中小企業向けにICOの必要性を述べる

2018年からの仮想通貨市場の低迷に伴い、ICOも低迷が続いていますが、2019年1月15日、OECD(経済…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア