仮想通貨VS中国電子マネー

中国では、AlipayやWe Chat Pay等といったキャッシュレス決済が急激に成長している(現在の利用者が10億人以上)。

仮想通貨のような流動性や送金機能、スマートコントラクト等のコイン特有の機能等は持ち合わせていないが、中国では既に普及が進みすぎて、現金が使われることはまれらしい(知り合いの中国人はWe Chat Pay派で、「お店で現金を使うと嫌な顔をされる」と言っていた)。

そして、AlipayやWe Chat Payが海外進出を目論んでおり、既にAlipayは日本で4万店舗以上が導入して、その増加率も急激だそうである。

日本では、ペイペイが100億円還元キャンペーンという謳い文句で派手なキャンペーンを行なっていたことは記憶に新しいが(ペイペイ詐欺等色々あったが、日本人に馴染みの薄いキャッシュレス決済は大きなインパクトがあった)、このような中国の決済サービスの海外進出は、状況によっては、仮想通貨は立場的に逆境に追いやられるかもしれないと思う。

2020年に開催予定の東京オリンピックや来日外国人の増加によって、日本でもキャッシュレス化が進んでいくだろう。

日本で仮想通貨が普及する前にAlipayやWe Chat Pay等が普及するのか、それともこれらの決済方法に仮想通貨が屈してしまうのか、中国人はともかく中国政府は仮想通貨に対して非常に敵意を持っているので(非中央集権制等)、2019年はどんな年になっていくのか注目をしていきたい。

2019年は仮想通貨の良い話を多く聞くことが出来る年になれば良いと思う…それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨投資をしている皆さん、英語は分かりますか?

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「仮想…

セルフゴックスのお話

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「セル…

仮想通貨でのTOB CROSS exchange

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「仮想…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア