Bakkt(バックト)がビットコイン先物取引の開始について、改めて「2019年初め頃」と表明

ICE(インターコンチネンタル取引所)は、Bakkt(バックト)のビットコイン先物取引の開始日について「2019年の初め頃」と表明しました。

Bakktは、2018年8月にニューヨーク証券取引所の親会社のICEが発足を発表しましたが、これまで度々延期されてきました。

最初は、2018年11月に取引開始予定でしたが、その後延期を繰り返し、2019年1月24日に取引開始を目指していましたが、アメリカの経済動向等が読めない先行き不透明な諸事情から、2019年1月24日の発足に間に合うのか懐疑的な意見があったことから、そのような疑念を払拭する為、Bakktは今回の声明を発表したと言われています。

また、Bakktは、マイクロソフトやボストン・コンサルティング等から、約200億円の資金調達を行っています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨のカストディサービスの発足に向けて、大手投資会社フィデリティが最終テスト段階…

2019年1月31日、ウォール街における大手投資会社フィデリティが、仮想通貨のカストディサービスの発足に向け…

米国では奨学金で仮想通貨投資をする大学生が21.2%

米国では奨学金を使い仮想通貨投資をする学生が21.2%もいることがわかりました。また、Bitcoinでの給与…

マレーシア政府が仮想通貨を証券に分類 2019年3月末までに法整備

マレーシアのリム・グアンエン財務相が2019年1月14日、2019年1月15日からマレーシアで新たな仮想通貨…

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア