「コインチェック」や「BITBOX」等の5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に加盟

2019年1月4日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に、「コインチェック」やLINEの子会社の海外仮想通貨取引所「BITBOX」等の5社が第二種会員として入会したことが発表されました。

今回、JVCEAに入会した企業は、みなし業者である「コインチェック」、「みんなのビットコイン」、「LastRoots」、LINEの子会社の海外仮想通貨取引所「BITBOX」の運営会社であるLCV、仮想通貨取引関連事業への参入を目指す「コイネージ」の5社です。

2018年10月24日より、金融庁から仮想通貨交換業の自主規制団体として認められたJVCEAは、同年10月末から第二種会員の入会受付を開始しており、仮想通貨交換業に申請中もしくは申請予定の企業もJVCEAに参加してもらうことによって、組織体制の強化につなげていく狙いがあります。

160社近くも仮想通貨交換業へ参入を目指している企業はあると言われており、今後もJVCEAに加盟していく企業は増加していくかもしれません。

第二種会員とは、仮想通貨交換業者登録の申請中の事業者もしくは申請を予定している事業者のことで、現在は第二種会員のみの募集ですが、今後はウォレット専門の業者等といった仮想通貨関連のサービスを行う企業も第三種会員としてJVCEAに参加を促進していく予定です。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

韓国の仮想通貨規制担当者が死亡、原因は調査中

韓国の仮想通貨規制で中心的な存在であったチョン•ギジュン氏が亡くなっていたことがわかりました。

日本のフィンテック協会とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わす

Money 20/20 Asiaにおいて、日本とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わしました。

イーサリアムの開発者数が全ての仮想通貨の中でトップ。ビットコインの2倍以上

2019年3月7日、イーサリアムが全ての仮想通貨の中で一番開発者が多いことが明らかになりました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア