2019年のバズワードに「ブロックチェーン」が選出〜日本経済新聞〜

日本経済新聞の2019年のバズワードに「ブロックチェーン」が選ばれました。

ネットイヤーグループ社長の石黒不二代は、「ブロックチェーン」を先行した理由について以下のように語ります。

分散台帳技術「ブロックチェーン」は、黎明期であるインターネットの1994年時と状況が非常に似ているので、2019年には、新ビジネスモデルが誕生していき、GoogleやAmazon等といった中央集権型のビジネスモデルのいくつかは陰りが見え始め、今後世界は変わっていくだろう。

スタートアップ企業の資金調達については、「ICO」から「STO」にシフトしていき、これまで横行したICO詐欺(プロジェクトの実態がないのに資金調達後のみ行いドロンしてしまう輩)が多発したことから、各国の規制当局が投資家保護の為に規制に乗り出した。

STOは、発行されたトークンを有価証券として扱い、各国の厳しい監督機関の審査を通過したプロジェクトだけが公開されるので、投資家は信頼が出来て透明性の高いプロジェクトに対して投資をすることが出来る。

また、ブロックチェーンは資産管理を容易にして、流動性を高めることが出来るので、ブロックチェーンを応用可能なあらゆる資産(不動産や美術品、スポーツチーム等)がデジタル化していくだろう。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

小銭の出番が減少!?少額硬貨は今後どうなっていくのか?

日本はキャッシュレス化後進国と言われており、未だに小売店舗では小銭で決済が行われている光景が見られますが、1…

Apple社のiPhoneでフィッシング詐欺が発生

自動呼び出し機械がApple社のサポートセンターになりすまして、iPhoneユーザーに電話をかけて、「App…

安倍首相がキャッシュレス決済導入を視察

2019年2月2日、安倍晋三首相が東京都品川にある戸越銀座商店街を訪問して、キャッシュレス決済の導入状況を視…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア