金融庁が仮想通貨ETFを検討しているかも?市場にとってはポジティブ材料!

2018年1月7日、金融庁が仮想通貨ETF(上場投資信託)について検討しているとブルームバーグが報じました。

金融庁は仮想通貨デリバティブ商品を上場させる案については破棄したが、仮想通貨に連動するETFを認可するかもしれないとのことです。

アメリカではSECによるビットコインETFの可否判断が待たれている状況ですが、日本でも金融庁から仮想通貨ETFが認められれば、仮想通貨市場を活性化させる好材料になるとみられます(SECは、ビットコインETFの可否判断について、2019年2月27日まで延期すると発表)。

アメリカでは、CBOE(シカゴ・オプション取引所)とCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でビットコインの先物取引が行われており、ICE(インターコンチネンタル取引所)は2018月12月31日に、Bakkt(バックト)のビットコイン先物の開始日を「2019年の初め頃」に発表すると明言しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

台湾のファミリーマートでブロックチェーン技術を用いた実証実験を開始

富士通、台湾富士通、現地ベンチャー企業、台湾ファミリーマートが共同で台湾ファミリーマート重慶店でブロックチェ…

コインチェックNEM騒動の最中に約373億円相当の資金移動疑惑

コインチェックのNEM盗難が発覚後373億円相当のLISKの送金が明らかになりました。

英国ヘンリー王子の結婚を記念してICOがスタート

英国王室ヘンリー王子の結婚を記念してICOがスタートしました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア