金融庁が金商法無登録業者が仮想通貨で出資を募った場合の規制を明確化

2019年1月8日、金融庁は、昨年摘発されたビットコイン約80億円相当被害のあった「SENER(セナー)」による事件と同様の事件を規制する為、金融商品を扱う事業者が現金以外の仮想通貨で出資を募った場合であっても、金融商品取引法の規制対象とする方針を決定したと報道がありました。

2018年11月に摘発されたアメリカの投資会社「SENER」による事件においては、高額配当を謳って出資者を募り、ビットコイン約80億円相当を調達したが、実際に調達した資金は運用実態がなく、配当も停止されていた完全なる詐欺であったそうです。

警視庁は、無登録で現金で金融商品の出資を募った金商法違反容疑で「SENER」の勧誘者らを逮捕しましたが、仮想通貨についての立件は見送られたことから、金商法の無登録業者が仮想通貨で出資を募った場合に、規制対象を明確にしたとのことです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる。経営陣退任へ

コインチェックがマネックスの出資を受け入れることが決定しました。

タイ規制当局がICOに関するルールを緩和していく方針か!?

2018年12月20日、タイ証券の規制当局が、ICO規制を緩和することを目的とした公聴会を行ったとされていま…

アメリカの議会議員が自身が所持する仮想通貨の保有額を公表する

アメリカの下院議員は新ルールにより、1000ドルを超える仮想通貨を本人又は配偶者が所持している場合は報告をし…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア