リップルネットへの参加企業が200社を超えたと発表、XRPを使用する金融機関も増加している

仮想通貨XRPを発行してリップル社が、リップルネットの決済ネットワークに、新規で13社の金融機関が参加し、参加機関は総勢200社を超えたと発表しました。

既存のSWIFTのシステムにとって換わろうとしているリップルは、クロスボーダー送金市場において、順調に足場固めをしているようです。

新規でリップルネットに参入する金融機関は、イングランドやスウェーデン、クウェート等であり(リップルネットの参入国は40を超えている)、 この中の5社は、クロスボーダー送金の際にXRPを使用するそうです。

「仮想通貨はボラティリティが高いので、決済手段に向いていないのではないか」という質問に対して、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、「従来のSWIFTの取引は、3営業日かかる。法定通貨を使うということは、週末にマーケットが閉まった後に、マーケットが閉局後のボラティリティのリスクがあるではないか」と回答しました。

クロスボーダーでの送金において既存のSWIFTは、送金に数日かかる以外にも、送金コストが高い点が問題となっていました。

その一方で、リップルは送金するのに数秒しかかからず、金融機関はリップルを用いることによって、約60~70%のコスト削減することが可能です。

現在、リップル社が提供するxCurrentは、100社以上の金融機関と提携しており、XRPを利用するxRapidも2019年1月から3社で利用されると発表されました。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

状況が一変・・仮想通貨に対して寛容的だったカザフスタンに変化が?

仮想通貨に対し肯定的だったカザフスタン政府が、中央銀行総裁が否定的見解を示したことで様相が変わってくる。

「コインチェック」や「BITBOX」等の5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に…

2019年1月4日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に、「コインチェック」やLINEの子会社の海外仮想通…

今日の主なニュース

■最近、大手の仮想通貨取引所が日本の居住者に向けたサービスの停止を発表していますが、大手仮想通貨取引所KuC…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア