タイ財務省が仮想通貨事業者に申請中の企業4社に仮想通貨事業者のライセンスを与える

2019年1月8日、タイ財務省が仮想通貨事業者のライセンスを仮想通貨関連企業4社に与えたことを、タイの証券取引委員会が発表しました。

タイのデジタル資産事業法における、正式なライセンスが付与されることは今回が初です。

今回ラインセンスを取得した4社は、タイSECの推薦によってタイ財務省によって発行され、この4社は仮想通貨取引所であるビットコインエクスチェンジ(Bitcoin Exchange)とビットカブオンライン(Bitkub Online)、サタンコーポレーション(Satang Corporation)、仮想通貨ブローカー企業のコインズTH(Coins TH)です。

2018年8月に、タイSECが仮想通貨に対する規制を導入する際の経過措置として、タイ国内の仮想通貨関連事業者7社に事業を行なっても良いという許可を与えましたが、今回正式なライセンスを取得した企業もこの中に含まれています。

タイ政府は、国民に対して、正式なライセンスを取得していない仮想通貨企業を利用しないように注意喚起を行っています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「仮想通貨はバブルか」というメディアの論調に、ビットコイン財団創設者のジョン・マトニ…

「仮想通貨はバブルである」と否定的な論調のメディアに対し、ビットコイン財団創設者のジョン・マトニス氏が、コメ…

NEM流出の2、3日前に欧米のサーバーから不正接続

コインチェックNEM流出の事件の三日前に不正アクセスがあったことが警視庁の調べによりわかりました。

「ビットコインは3000ドル以下になる!?」モルガン・クリーク・デジタルの創業者アン…

2018年12月26日、アメリカの人気経済番組CNBCの番組内で、モルガン・クリーク・デジタルの創業者のアン…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア