「デジタル資産市場セミナー」に参加しました!日本初の仮想通貨の投資信託が登場!

2019年1月9日、新橋で開催された「デジタル資産市場セミナー」に参加しました。

今回のセミナーでは、仮想通貨の運用に携わっているエポックパートナーズリミテッドのメンバーが来日し、 仮想通貨の今後の展開、また投資信託を活用した新しい運用方法について講演が行われました。

セミナー概要

  • 仮想通貨が世界経済に起こしている革命
  • 世界の機関投資家はどういう動きを見せているのか
  • 仮想通貨への直接投資と投資信託を活用した投資の比較
  • 世界の大手金融機関が仮想通貨市場に参入しつつある理由
  • 2019 年、日本の投資家はどのように ICO 市場に参加できるのか
  • 市場の動きに左右されない仮想通貨の投資戦略とは

EPOCH社

今回来日して講演を行なった、投資信託の管理会社であるエポックパートナーズリミテッドは、リヒテンシュタインに本部のある投資会社です。

エポックパートナーズリミテッドは、共同投資責任者であるブラッドリー・ロッター氏とケンジ・スティーブン氏らによって運営管理されています。

スピーカー講演

ケンジ スティーブン(エポック パートナーズ 共同投資責任者)

ビットコインの面白いところは供給が限られている点である。

今までの市場に比べてすごいシンプル、今までの市場は需要と供給を換算するが、ビットコインは供給がすぐにわかるので、需要をみつければよい。

ビットコインは現在、想像していたほどの普及はまだ見られないが、それには理由がある。

それは、システムが複雑すぎて、初心者がこの領域に踏む入り難いのことと、インターネット上のセキュリティが不安定である点である。

インターネット上のセキュリティ、いわゆるサイバーセキュリティは凄い重要で、暗号通貨業界(仮想通貨業界)にとっても重要になってくる。

仮想通貨市場が今よりも若い頃はマウントゴックス等といったハッキング事件が多くあった。

ビットコインの供給量は、プライベートキー(秘密鍵)がゴックスしてしまった等、ビットコインの最大発行枚数が2100万枚であること等から、実際にはその供給量はもっと少ないのかもしれない。

エポックが仮想通貨業界に参入する為には、サイバーセキュリティが重要であった。

私は以前、マイケルコーウェルというブロガーからインタビューを受けた時、ビットコインは自分達の人生の中で、最も大きなインパクトを残すと予想したことがある。

今現在、ビットコイン価格の下落が80パーセント位を記録しているが、それは今でも変わらない。

ビットコインが素晴らしいのは、ビットコインが最も良い通貨になり得るからである。

現在、アメリカドルは、最高値をつけた時から、90パーセント程価値を落としている事実があり、世界中でインフレが起きている現状を見ると、世界が今後どのようになるか大きな不安がある。

ビットコインは、まだ若く生まれてから10年しか経っていない。

そして、金融業界の天才たちが暗号通貨業界に続々と参入しており、ブロックチェーンは会計業界が300年間なし得なかった奇跡を起こしている。

特に昨年、仮想通貨市場でICOが多発してトークンが多数誕生しましたが、バブルで過熱気味であった市場は自身を正していき意味の分からないトークンは不要になっていく。

その間ビットコインは10周年になり、世界中から関心を集めていった。

その理由は、秘密鍵をどのように管理すれば良いかがわかったからである。

秘密鍵の管理方法は永遠の課題であったが、多くの企業がカストディサービスに参入し、多くの投資家が参入していく。

現に世界中でサイバーセキュリティの問題が起きている。

だからこそエポックが誕生した。

ジェームズ スキナー (エポックパートナーズ パートナー)

仮想通貨業界が変わってきている。

カストディビジネスには野村も興味あり、様々な投資家から後押しを受けてバックトも参入する。

何故このようなヘッジファンドや大きな機関投資家がカストディビジネスに興味を持っているのかというと、世界のほぼすべての人々がビットコインのことを理解しておらず、世界中では株式も経済的にも不安な状態が続いている。

2018年に仮想通貨投資をした人々は面白くなかったと思うが、その一方で優秀なヘッジファンドマネージャーが業界に多く流入しようとしており、先物やオプションも生まれ始めている。

仮想通貨市場は、とても複雑でデリバティブのある市場で、ヘッジファンドマネージャー達はこの市場を大変気に入っている。

我々は、多くの優秀なヘッジファンドマネージャーを世界中から探し出して見つけた。

彼らはシグナル投資家であり、シグナル投資家はブロックチェーン業界に数名いて、彼らがプロジェクトに投資をしていたらみんなが投資をするという投資家である。

彼らが投資した対象にはNASDAQに上場した銘柄もある、7ドルで投資したのが53ドルで取引されていたりする。

とんでもないディールを我々のマネージャーは行なっている。

ブラッドリー ロッター(エポック パートナーズ 共同最高投資責任者)

イギリスのEU離脱やアメリカ政府の機能が一部停止している状態(大統領は何年続いていてもいいと言っている)等から、2019年は恐ろしい年になりそうである。

このような状況から、日本においても投資資金が怖くて動かせず、大富裕層の投資資金が動いていない。

ビットコインは通貨、イーサリアムはプラットフォーム、リップルは海外送金の道具となっている。

例えば、海外送金は時間がかかるリップルのライバルはSWIFTである。

2019年の仮想通貨市場の予測の1つ目に、ICEやフィデリティ、野村、楽天、Facebook(ブロックチェーンエンジニアを手当たり次第雇っている)等大きなプレイヤーが参入してくる。

既にアメリカのバージニア州で投票のブロックチェーンが行われる等、複数の国が自分達の法定通貨をブロックチェーンに当て込みたいと考えている。

2つ目は、面白いユースケースが出来るということで、たくさんの資産はデジタル化することが出来て、資産を紙ベースでなくてデジタル管理することが出来る。

例えば、ブロックチェーンでモナリザの権利を分解して、その権利を個人が購入することも出来る。

他にも銀行にお金があると分かっているのは、銀行のシステムは信頼することが出来て、その帳簿にお金が存在することが書いてあるからである。

3つ目は、仮想通貨に投資をするツールが増えることで、投資に必要な道具が数年前はなかったので、機関投資家が市場に参入すればするほど道具が豊富になってくる、ウォレットがハッキングされる恐怖に怯えなくても良い。

銀行ではそのようなことがないが、仮想通貨は自己保管と同じだから、それを保管してくれる。

4番目、直接投資からファンド投資に移行していく、ファンド経由で投資をするとどういうメリットがあるのか、ファンド経由であると仮想通貨のプロにならなくて済むというのがある

ファンドはICO等についても直接的に個人投資家がアクセス出来ない情報を持っている(ファンド経由だと、非常に有利な条件でICOにアクセスすることができるかもしれない)。

日本人に合法的にICOを紹介する方法はないが、日本は取引所は従来の株式市場と競合してほしくないという思いから、日本では仮想通貨は証券ではないし、仮想通貨が取引所にリスティングされるのは良いが、ICOのままだと売ることが出来ない。

日本においては仮想通貨の売買収益は雑書特に分類されるので、酷い場合50%以上の税金支払いが発生する等、日本は最悪の税制を採用している。

さらには株式のように損失の繰り越しもできず、取引ごとに税金を持っていかれる税制になっており、複利効果を受けることが出来ない。

「稼ぐことで金持ちになるのではなく、複利効果で金持ちになる」というのはウォーレンバフェットの言葉であるが、キャピタルゲインは大事で、ファンド投資が今後活発になってくる。

現在、世界で一般投資家向けに投資していいというファンドは、世界でエポックだけである。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「Next Economy Conference 2018」〜コイン相場1周年記念〜…

2018年9月15日、両国KFCホールで開催された「Next Economy Conference 2018…

ブロックチェーンがもたらすゲーム革命に参加してきました。~モバイルファクトリー編~

ブロックチェーンがもたらすゲーム革命に参加してきました。この記事ではモバイルファクトリーについてのお話を記事…

仮想通貨交換所BITPointの取組ご紹介〜株式会社ビットポイントジャパン代表取締役…

2018年6月26日〜27日、東京国際フォーラム ホールで開催された「JAPAN BLOCKCHAIN CO…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア