中国政府の仮想通貨規制は、中国の仮想通貨業界にとって追い風になるのか?

中国政府によって規制強化が続く中国の仮想通貨業界ですが、中国のCAC(サイバースペース管理局)は、中国内で事業を行なっているブロックチェーン企業に対して、新たに匿名性を排除する規制を導入し、逆に中国政府は仮想通貨を支援していることになっているとみている専門家がいます。

CACの匿名性排除ガイドラインは、2019年2月15日に施行予定で、規制対象となるのは、中国国民にブロックチェーン技術を用いて情報や技術サポートを提供するWebサイトやモバイルアプリであり、規則施行後20日以内にCACに対して事業者名やサーバーアドレス等の登録が義務付けられます。

これによって、ブロックチェーン企業が規制を遵守しなかった場合は、罰金が課せられて、再犯される場合は、刑事事件に発展する可能性があるそうです。

過去に中国は、ブロックチェーン企業向けのガイドラインを発表した際に、ブロックチェーンによる匿名性を排除する事項を盛り込んでいましたが、こういった中国の規制強化に対して、アメリカの仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタル・アセッツの創業者アンソニー・ポンプリアーノ氏は2019年1月11日、「ビットコイン等の分散型のパブリックブロックチェーンに中国政府は免疫があるので、中国政府は誤った方向に仮想通貨とブロックチェーンを支援していると思う。中国人の一部はこうした中国政府の検閲に対して免疫力のあるパブリックブロックチェーンに集中する可能性がある」と、中国政府がこうした流れの取り締まりを行うことが出来ずに、過去に起こったアメリカの禁酒法と比較して、中国政府による規制強化は、仮想通貨やブロックチェーンの普及を促進していくだろうと予想しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

楽天が仮想通貨市場への参入を表明!「楽天コイン」について?

これまで様々な事業展開を行い、日本でも有数の企業へと成長を遂げた楽天グループが、仮想通貨市場への参入を明かに…

スイス最大手の証券取引所CEOが「仮想通貨市場は1990年代初めのデリベティブ市場と…

2018年8月17日、スイス最大手の証券所であるスイス証券取引所のトーマス・ジーブCEOが、ビットコインの将…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア