仮想通貨プラットフォームのBakktが買収を発表

2019年1月14日、ICE(インターコンチネンタル取引所)の子会社Bakkt(バックト)が、先物取引業者であるRCG(ローゼンタール・コーリンズ・グループ/1923年設立の先物取引業者)の一部資産を買収したと発表されました。

Bakktは、当初の開始予定であった2019年1月24日を延期して「今年の早い段階」でビットコイン先物取引の開始を目指すと発表していますが、今回の買収は、仮想通貨のリスク管理や資産管理、マネーロンダリング対策や顧KYC等を規制機関からの要請に応える専門技術獲得の狙いがあるとされています。

Bakktのケリー・ローフラーCEOは、「我々がミッションを達成する為には、専門的な技術を獲得する為に巨額投資が求められる。また、仮想通貨資産を扱う上で、最も信頼することが出来るフィンテックのエコシステムを構築する為に、金融市場の専門的知識も必要だ」と、今回の買収の狙いについて述べました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)が「アフィリエイト」や「取引システム」、「アービ…

JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)が検討している「自主規制ルール案」に、アフィリエイト(成果型報酬)広告に…

状況が一変・・仮想通貨に対して寛容的だったカザフスタンに変化が?

仮想通貨に対し肯定的だったカザフスタン政府が、中央銀行総裁が否定的見解を示したことで様相が変わってくる。

コインチェック流出NEM90億円分交換か

コインチェックで流出したNEM約90億円相当が交換された恐れがあることがわかりました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア