「ロシア政府が4700億ドル相当のビットコインを購入する計画」はフェイクニュースか?

ロシアの経済学者Vladislav Ginko氏が、ロシア政府が4700億ドル相当のビットコインの購入を検討して歳入の一部をアメリカからの経済制裁を回避する為にロシアの法定通貨からビットコインに換えようとしていることをTwitterにて明らかにしました。

ロシア政府からは正式発表はされていないが、Ginko氏によると、2019年の第1四半期にビットコインの換金を行うとのことです。

先日、「ロシア政府がアメリカの経済制裁に対して、4700億ドル相当のビットコイン購入を検討している」というニュースに対して、仮想通貨市場にとって好材料であると盛り上がる一方で、海外メディアCCNが2019年1月14日、フェイクニュースであった可能性を指摘しました。

フェイクニュースである可能性の理由としては、本件に関してロシア政府からの公式見解が一度も出されておらず、情報源がVladislav Ginko氏のツイートのみである点を挙げています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売していたことがわかりました。

リップル社副社長が、今後中国市場を新たなターゲットにしているとコメント

リップル社副社長のジェレミー・ライト氏が、今後、リップル社が世界最大の人口を抱える中国を新たなターゲットにし…

仮想通貨交換業者7社に金融庁が行政処分を実施しました。

3月8日に金融庁は仮想通貨交換業社7社に対して行政処分を発表いたしました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア