BCCCが新規でゲーム部会を設立することを発表、「クリプ豚」を開発したグッドラックスリーや「Uniqys Kit」を提供するモバイルファクトリーも参加

2019年1月15日、BCCCが新規でゲーム部会を設立することを発表しました。

発足メンバーは、ブロックチェーンゲーム「クリプ豚」を開発したグッドラックスリーやリアルワールドゲームス、DAppsを使いやすくするウォレット機能付きアプリ「Quragé(クラゲ)」やDAppsを作りやすくする開発キット「Uniqys Kit」を提供するモバイルファクトリーの3社で、2019年3月に発足予定です。

利用者保護のルール策定やコンプライアンスに関する議論をゲーム部会では進めていく予定です。

モバイルファクトリーの宮嶌社長は、「仮想通貨関連の法律関連分野や金融庁への対応等といった、既存のゲーム会社が未経験のハードルがある」と述べて、仮想通貨関連への規制対応等について、今後情報共有していく考えを示しました。

BCCCは、2019年1月15日現在の会員企業数が270社に達して、ブロックチェーン技術の普及に向けて活動を進めています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

スイス金融当局がICOの規制ガイドラインを発表

スイスの金融市場監督局(FINMA)は2月16日にICOの規制に関するガイドラインを発表しました。

米有名ラッパーの50セントが4年間ビットコイン保有で約8億円

米国のラッパーである50セントが約8億円分のビットコインを保有していることがわかりました。

「イングランド銀行を破った男」ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資を開始

かって仮想通貨を投機と非難した伝説の投資家が、仮想通貨取引を開始しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア