ICOプロジェクトはやはりICO割れ、当初の約240億ドルから約54%が減少

2019年1月16日、仮想通貨取引所ビットメックスはが、100以上のICOプロジェクトが発行したトークンが当初約240億ドル(2兆6000億円)の価値があったのが約54%減少し、ICOによる資金調達方法がICO割れを起こしていると発表しました。

今回の調査は、ビットメックスと調査分析会社のTokenAnalystが共同で調査を行ったもので、100以上のイーサリアムネットワーク上のICOプロジェクトの分析を行い、当初トークンの価値が約240億ドルだったが、現在は50億ドルまで減少して、明らかにICO割れを起こしていることを指摘しました。

2018年の仮想通貨が弱気であったことを要因の一つとしつつも、ICOのトークン分配方法が、ICOプロジェクト自体が、トークンの売買や作成、バーンを行なったりすることが可能で、透明性が欠如していることが問題であるとしました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカ経済学会(AEA)が仮想通貨やブロックチェーンに関するセッションを行う

世界でも有名な学会であるアメリカ経済学会(AEA)において、仮想通貨やブロックチェーンのセッションが行われま…

コインチェックで620億円以上が不正に引き出された可能性が・・・・

日本の仮想通貨取引所のコインチェックで顧客の5.4億XEM、日本円にして620億円が引き出されている可能性が…

楽天が仮想通貨市場への参入を表明!「楽天コイン」について?

これまで様々な事業展開を行い、日本でも有数の企業へと成長を遂げた楽天グループが、仮想通貨市場への参入を明かに…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア