情報セキュリティへの関心から、IoT業界でブロックチェーン技術の導入が進む

オランダのサイバーセキュリティ会社が行なった調査(ITビジネス分野の950社を対象)によると、IoT業界でブロックチェーン技術の導入が急速に進んでおり、過去1年間で9%から19%と2倍以上に企業数が増えたそうです。

導入している企業は、ブロックチェーン技術によって、IoTデバイスのセキュリティを向上させる目的があるようです。

IoT業界においては、情報のセキュリティへの関心が高まっており、IoTデバイスのセキュリティ問題が顧客にとって重要な事項になっていると約90%の企業が考えており、政府が高度なセキュリティガイドラインの構築を進めて欲しいと約79%の企業が求めているそうです。

IoT業界において、情報ののセキュリティへの関心が高まる中、ブロックチェーン技術がその解決策として注目されており、調査回答者の約23%がブロックチェーン技術がIoTデバイスのセキュリティ対策にとって必要であると考えており、ブロックチェーン技術を未使用の企業約91%が今後ブロックチェーン技術の導入を検討予定としています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2018年注目すべきビットコイン先物取引

CMEグループは、ビットコイン先物取引を開始すると発表した。

JVCEA(仮想通貨交換業協会)副会長bitFlyer代表加納裕三氏、ビットバンク代…

JVCEA(仮想通貨交換業協会)副会長bitFlyer代表加納裕三氏、ビットバンク代表廣末紀之氏が辞任

イタリアの金融規制当局が仮想通貨関連プロジェクトに対して停止命令を出す

2018年12月24日、イタリアの金融規制当局CONSOB(イタリア国家証券取引委員会)が、無許可の仮想通貨…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア