仮想通貨市場の冷え込みの影響を受けず、仮想通貨決済サービス大手ビットペイ過去最高売上を記録

2019年1月16日、アメリカ仮想通貨決済サービス大手のビットペイが、2018年は仮想通貨市場が冷え込んだ1年であったのと対照的に、年間取引量が約10億ドル(約1090億円)と、過去最高の売上高を記録したことを発表しました。

ビットペイCEOのステファン・ペアー氏は、「(2018年は)ビットコインが急落したが、2年連続で10億ドル以上の取引が出来たことは、世界中でビットコインの台頭が望まれているからである」と述べました。

またペアー氏は2018年12月に、「ブロックチェーン決済は、3〜5年以内に世界中に普及していく」と予想し、2018年11月にビットペイ幹部のソニー・シン氏は、「2019年末までにビットコインは15000~20000ドル(約170万~230万円)に到達するだろう」と予測しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

地域創生ICOを支援する「日本地方創生ICO支援機構(JARICOS)」が設立

日本地方創生ICO支援機構は、「SDGsに基づいた、地方創生や2030年のSDGsの達成、トークンエコノミー…

イーサリアムの開発者数が全ての仮想通貨の中でトップ。ビットコインの2倍以上

2019年3月7日、イーサリアムが全ての仮想通貨の中で一番開発者が多いことが明らかになりました。

仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害額約67億円。フィスコグループが支援

仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害額約67億円。顧客資産保護のため、フィスコグループが支援することとなり…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア