ダークネットでのビットコイン流入量が1年で約2倍も増加していた

ダークネット市場では2017年から2018年にかけてビットコインの取引量が2倍も増加していたことがわかりました。

ダークネット市場とは
非合法の取引や仲介が行われている市場のことで、主に銃、麻薬、偽装通貨、偽装ID、盗難クレジットカード情報などの違法商品が流通している市場となります。

BTC流入増加もダークネット上の総額は減少

BTCのダークネット流入量が増加したにも関わらず、2017年に約770億円だったのに対し2018年には約660億円と減少しました。これはビットコインの価格が下がったことが原因で、2017年の1BTC=220万円から2018年の1BTC=40万円前後であることから流通量はかなり増えていることがわかります。

ダークネット市場で何かを購入したい人々にとって、ビットコイン価格が変動するということは関係ないようです。

ダークネット市場の活動は、違法行為を阻止するための法的機関による継続的な努力にもかかわらず、ここ数年で著しく回復力があります。
ダークネットでの取引が多いということはあまり良いことではありませんが、取引でビットコインなどの仮想通貨がメリットが多いことは間違いないでしょう。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2020年のアメリカ大統領選挙候補者が選挙への献金をビットコインで受け入れ

現在の日本では考えられませんが、アメリカの2020年大統領選挙において、選挙の活動資金をビットコインで受け入…

麻生財務大臣が仮想通貨の税金を「申告分離課税」にするべきではないかという質問に対し、…

麻生財務大臣が仮想通貨の税金を「申告分離課税」にするべきではないかという質問に対し、見解を述べました。

韓国政府、取引所の認可制度の導入を検討

韓国政府がニューヨークのビットライセンス制度のような認可制度の導入を検討していることがわかりました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア