クリプトガレージが、内閣府が進めるサンドボックス制度のもとで、実証実験を開始

2019年1月21日、デジタルガレージの子会社でブロックチェン金融サービスを手掛けるクリプトガレージが、内閣府が進めるサンドボックス制度のもとで、仮想通貨と法定通貨建てトークンの同時決済サービスの実証実験を行うと発表しました。

この実証実験は、決済ネットワークLiquid Network上で行われ、アトミックスワップの技術を用いることによって同ネットワーク上のビットコインとペッグした「L-BTC」トークンと、円建てのトークンである「JPY-Token」が発行されます。

取引参加者は、この2つのトークンをリアルタイム同時決済を行うことが出来て、この実証実験には日本国内の仮想通貨交換業者3~5社が参加します。(2019年1月21日から2020年1月20日まで)。

実証実験によって、サイドチェーン上の財産的価値や取引記録の安全性等を検証する他に、「安定的かつ公正なOTC取引市場が成立することの検証等」が行われて、これによってクリプトガレージは「カウンターパーティリスクを排除して、安全で迅速、そして秘匿性の高い仮想通貨取引を実現することが出来る」としています。

内閣府が新技術の社会実装を目指すサンドボックス制度下で認定されたプロジェクトは3件目で、フィンテック関連事業としては認定されたのは初めてとなります。

クリプトガレージは、今回の実証実験によって、下記のような問題点を改善することが出来ると説明しています。

  • 仮想通貨市場は拡大しているが、仮想通貨交換業者のカバーマーケットが確立しておらず、流動性や価格面等において不安定な状況が発生しやすい。
  • 共通の決済や取引における基盤がないので、仮想通貨交換業者が他の業者から流動性を獲得する場合には、大きな信用リスクを取引相手に対して取らなければならなかったり、参加者間で取引を秘匿しにくいという性質、当局が業者間大口取引を捕捉しづらい。
  • 一般投資家を対象とした仮想通貨取引所では、取引の迅速性、利用者のITリテラシーの観点から、秘密鍵を交換業者が預かる形式をとる例も多いが、取引所がハッキングされた場合など、セキュリティ上のリスクが高くなる。

Liquid Networkは、ブロックストリームが2018年9月に発足したビットコインのサイドチェーンであり、企業と個人の間でビットコインのトランザクションの高速化を目的としており、2018年10月時点では国内の取引所のBitbank、Zaif等を含む23の取引所が加盟しています。

発表によれば、ブロックストリームもクリプトガレージに出資しています

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

コインチェックNEMの補償時期について発表される

コインチェックは3月8日の16時より記者会見を発表いたしました。金融庁より2回目の業務改善命令を受けたことと…

仮想通貨とICOを合法化するベラルーシ - 5年間非課税

ベラルーシの大統領、アレキサンダールカシェンコ(Alexander Lukashenko)は、仮想通貨、IC…

リップル社CEOが2018年中にXRP使用のxRapidを世界大手銀行に導入すること…

2018年内に大手銀行がリップル社の「xRapid」を導入することになると、同社CEOが発言しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア