OECDが中小企業向けにICOの必要性を述べる

2018年からの仮想通貨市場の低迷に伴い、ICOも低迷が続いていますが、2019年1月15日、OECD(経済協力開発機構)は、ICOによる資金調達方法を促進する為に、世界の規制機関に対して協力するように呼びかけました。

OECDは、ICOによる規制を行い、透明性とプロジェクトに対する監視体制を作ることは、「金融目的で安全に使う上で大切」と指摘し、情報公開を行う基準の設定やマネーロンダリング対策、テロ資金対策等を勧めていくことによって、投資家を保護していく枠組みを強化していく重要性を呼びかけました。

さらにOECDは、「中小規模ICOにおいては、ICOの利点である資金調達のスピードとコスト等での利点を損なわないような規制の枠組みが求められる。各国の規制を裁量に任せるのではなくて、世界的な規制の枠組みを構築して、投資家を保護する一方で、ICOが中小企業の資金調達の機会を提供出来るようになる」と述べました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

情報セキュリティへの関心から、IoT業界でブロックチェーン技術の導入が進む

オランダのサイバーセキュリティ会社が行なった調査(ITビジネス分野の950社を対象)によると、IoT業界でブ…

コインチェックで620億円以上が不正に引き出された可能性が・・・・

日本の仮想通貨取引所のコインチェックで顧客の5.4億XEM、日本円にして620億円が引き出されている可能性が…

一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ

ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC の出金と売却が再開されました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア