Brave Brother(勇敢な兄弟)とは?

Brave Brother(勇敢な兄弟)とは、本名がカン・ドンチョル(강동철)と言い、韓国国内で「ヒップトロニカ(ヒップホップ+エレクトロニカ)ミュージック」を普及させ、2000年代のK-POPミュージックをリードしている売れっ子音楽プロデューサーです。

刺激的で耳に残るその独特なサウンドとメロディによって、数多くの新人アーティストを人気スターへと導いたことから、「スター製造機」と呼ばれています。

これまでに450曲近い曲の作詞作曲を行い、プロデュースまで手がけた曲の内、約100曲ほどがヒットチャートのNo.1に輝き、プロデュース曲のYouTube動画再生回数は、累計で50億回も再生されています。

元々は、カン・ドンチョルが兄のフクチョルと一緒にBIGBANGやBLACKPINK等といったグループが所属するYGエンターティメントで、Brave Brothersとして歌手デビューを目指していましたが、兄フクチョルが韓国の兵役制度のため入隊して、ドンチョルはYGエンターティメント専属の作曲家として、BIGBANG等に楽曲を提供をしていました。

ペンネームとしてBrave Brotherを使用していたので、ドンチョル=Brave Brotherとなっていき、2008年にYGエンターティメントから独立を果たして、芸能事務所「Brave Entertainment」を設立しました。

その後、ソン・ダムビの「미쳤어(どうかしてる)」がヒットして、その他にも韓国の人気グループBrown Eyed GirlsやSISTAR、AFTERSCHOOL等といった人気アーティストに楽曲を提供していき、スター作曲家として一躍有名になりました。

Brave Brother(勇敢な兄弟)がプロデュースしたアーティストと楽曲の一例

Brave Brotherがプロデュースしてきたアーティストと楽曲の一例です。

  • BIGBANG:「SHAKE IT」(2006)、「LIE」(2007)、「BABY BABY」(2007)、「Wonderful」(2008)
  • 超新星:「クリウンナレ-キミに会いたくて-」(2010韓国版)
  • 青山テルマ:「Intro」、「Fallen Angel」、 「My Sweetest Sin」(2011)
  • AFTERSCHOOL:「Diva」(2009)、「너 때문에(Because Of You)」(2009)、「AH」(2009)
  • SISTAR:「Push Push」(2010)、「Shady Girl(虚飾ガール)」(2010)
  • Brown Eyed Girls:「어쩌다(My Style)」(2008)

Brave Brother(勇敢な兄弟)がブロックチェーン技術を用いたプラットフォームを構想中!?

韓国国内には、現在のところ、音楽ファン自らがダウンロードを行なって、音楽を聞くことが出来るプラットフォームが存在せず、「自分達の手でダウンロードして好きなアーティストの曲を1位にする」、というシステム自体がありません。

そこでBrave Brotherが音楽プロデューサーとして、ブロックチェーン技術を用いることによって、K-POPはもちろん、その他に全世界の音楽が楽しめるプラットフォームを作りたいと構想中とのことです。

このプラットフォーム内では、今まで視聴することが出来なかったK-POP関連のメディアや最新のニュース、高画質動画等も提供されて、その関連商品が販売されることになれば、様々な人達がこのプラットフォームへ流入する可能性があります。

ダウンロードやストリーミング、アルバムの発売等の全てが一括してこのプラットフォーム内で可能になり、世界中で大きなインパクトをもたらすのではないか話題になっています。

Sound Blockchain Technologyが構想中のプラットフォームの市場規模

韓国音楽配信サービス大手のメロンは、ファン自らが音楽をダウンロードすることが出来るプラットフォームがないのにもかかわらず、年間5千億円から7千億円もの売上を上げています。

また、K-POPが世界各国の音楽市場で占めるシェア率は、大きな市場では中国で10パーセント、日本で30パーセントであり、アメリカでも市場は拡大し続けており、その市場規模は60億ドルに達すると予想されています。

さらに、K-POPは毎年30パーセント以上市場規模が増加していく市場なので、その市場規模は世界的にも大きなポテンシャルを秘めています。

今後の動向に注目が集まります。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ニューヨーク市がブロックチェーンセンターを開設

ニューヨーク市がブロックチェーンセンターを開設しました。企業パートナーとしてすでにマイクロソフトやIBMが参…

51%攻撃を受けたことによって、大手仮想通貨取引所Coinbaseがイーサリアムクラ…

2019年1月8日、イーサリアム クラシック(ETC)が51%攻撃を受けたことによって、アメリカの最大手仮想…

仮想通貨カストディのビットゴーがハッキング等を補償する保険プランを発表

仮想通貨のカストディを行なっているBitGo(ビットゴー)が、自社のカストディに入る全ての仮想通貨に対して最…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア