Stellar(ステラ)の特徴

Stellar(ステラ)は、2014年7月にリリースされた仮想通貨であり、リップルをベースとして開発されました。

通貨単位はXLMであり、正式名称はStellar Lumens(ステラ・ルーメンズ)となっています。

Stellarは、国際送金市場において、個人向け決済に特化した性質を持つ通貨で、マウントゴックスの創始者でありリップルの開発者でもあるジェド・マケレーブ氏によってリップルをベースにして開発されました。

国際送金市場において決済システムを個人が利用可能になることを目指していることから、リップルの国際送金や決済システムは、世界中の金融機関をターゲットとしているのに対し、Stellarは個人用の国際送金システムの実現を目指しています。

Stellarとリップルが技術的に似ていることから、しばしばXLMの取引価格がXRPと関連して変動していると言われることもあります。

Stellarでは、最初に1000億枚が発行された後、毎年1%ずつ追加で発行され、また運営団体であるStellar社の保有率も5%と低く抑え、市場にStellaが流通させることで、価格変動リスクを抑えています。

またStellaの認証にはfacebookを利用しており、これはFacebookの利用が禁止されている中国の利用を抑えることによって、XLMの価格が高騰することを防ぐためだとされています。

またStellaによる小口決済送金の利便性は非常に高いので、個人取引で利用しやすいという特徴があります。

基本仕様

  • 通貨名 Stellar(ステラ)
  • 略号 XML
  • 略号 XML
  • 発行数量 1兆枚

コンセンサスアルゴリズム

Stellarは、Stellar Consensus Protocol(SCP)というブロックチェーンではないアルゴリズムが採用されており、取引を高速かつ性格に処理することが出来る分散型台帳システムです。

Stellarウォレット

Stellar公式が勧めている複雑な設定等が必要なくて、使いやすいウェブウォレットです。

公式サイト

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ネム(NEM/XEM)とmijin(ミジン)とカタパルトについて

今年、仮想通貨ネム(NEM/XEM)にmijin(ミジン)が実装されるカタパルトについて。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは

イーサリアムクラシックの歴史や特徴についてまとめてみました。

モナコイン(MonaCoin/MONA)

モナコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア