アメリカのニューハンプシャー州において、仮想通貨による納税や公共料金支払いの合法化を2020年までに目指す

2019年1月23日に、アメリカのニューハンプシャー州議会の公聴会が開催されて、納税や公共料金支払いを仮想通貨によるって支払うことを合法化する法案を検討しており、1月29日には議会の委員会での議論が開始して、3月14日が期限となっています。

今回検討されている法案は、共和党のマイケル・ヤクボビッチ議員とデニス・アクトン議員が共同で提案して、1月3日にニューハンプシャー州議会ホームページに掲載されて、「2020年7月1日から納税と公共料金支払いをする為の手段として、仮想通貨を認める為のニューハンプシャー州の実施計画の策定をニューハンプシャー州財務局に要求をする」として、「この計画は、会計や評価、管理等の諸問題に対応して、ニューハンプシャー州にコストがかからないように仮想通貨のトランザクションの処理を行う適切な第三者の決済処理事業者を選定を行い、ニューハンプシャー州財務局は2019年11月1日までに本計画を知事や下院、上院に提出を行わなければならない」としています。

アメリカでは、各州の独自色が強く、今回発表されたニューハンプシャー州の取り組みをはじめとして、州レベルで仮想通貨の取り組みを独自に行なっています。

先日には、ワイオミング州議会においても仮想通貨における先進的な法案が可決されたばかりでばかりです。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

速報 テザー社が発行している仮想通貨Tetherの担保となっているドルを確認

テザー社が発行している仮想通貨Tetherの担保となっているドルの確認がとれたとのことです。

韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して税の減免措置対象に

2019年1月8日、韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して、税の減免措置対象となるR&D部門に…

ビットコインの入出金を停止していたZaifが、ビットコイン入出金を再開

仮想通貨取引所Zaifが、サービスを停止していたビットコインの入出金を、本日(12月17日)17時頃から再開…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア