国税庁のウェブサイトにある「仮想通貨の計算書」のご案内

2017年12月から翌年1月にかけて仮想通貨は人気が急騰してバブルを迎えましたが、その後はビットコインをはじめとした仮想通貨は大きく下落して、その下落率は80%にもなります。

こんな下落相場においても仮想通貨を購入して売却した損益は、外貨預金の為替差益や公的年金、副収入等といった他の雑所得と損益を通算することが出来るので、確定申告をすれば節税につながります。

そのような中で、仮想通貨については国税庁が2018年11月から、国税庁のウェブサイト上で「仮想通貨の計算書」という表計算ソフトを公開しています。

仮想通貨取引所が発行してくれる年間取引報告書をもとにして、「仮想通貨の計算書」に数字を入力すれば、所得金額を簡単に計算することが出来るので、これを機会に確定申告に備えてみなさん準備をしてみましょう。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

安倍首相がキャッシュレス決済導入を視察

2019年2月2日、安倍晋三首相が東京都品川にある戸越銀座商店街を訪問して、キャッシュレス決済の導入状況を視…

ファミリーマートがキャッシュレス決済 「ファミペイ」を2019年7月から導入!

コンビニエンスストアの大手ファミリーマートが、2019年7月から全国17,000店舗でスマートフォンを用いた…

キャッシュレス化に向けて、三井住友とみずほの各フィナンシャルグループが危機感を募らせ…

三井住友フィナンシャルグループとみずほフィナンシャルグループは、「事業強化していく為にIT企業と手を組む」か…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア