オーバーストックのtZERO セキュリティトークンの取引プラットフォームが取引開始

2019年1月24日、Eコマース大手のオーバーストックの仮想通貨子会社tZEROが、セキュリティトークンを取り扱うの取引プラットフォームをローンチして、tZEROトークンの取引を開始しました。

認定された投資家は、ダイナソーであり、セキュリティトークンの取引は、フィナンシャル・グループのオンライン証券口座を通じて行うことが出来ます。

tZEROの子会社であるPROセキュリティーズ社とダイナソーは提携しており、PROセキュリティーズ社は、セキュリティトークンを取引する為の代替取引システムを提供します。

tZEROのサウム・ノルサレヒCEOは、「これまで流通させる市場の為の場所がセキュリティトークンの世界にはなかった。私達が提供するセキュリティトークン取引は、アクセスが民主化されて、流動性が生まれ、グローバル市場には透明性や効率性が付与されて、セキュリティトークンの導入が今後加速していくだろう」と述べました。

2018年4月に、tZEROはセキュリティトークン取引プラットフォームのβ版をリリースして、プラットフォームがどのように動くのかを実証実験を行い、2018年8月にSTO(セキュリティトークン・オファリング)を終えて、投資家から1億3400万ドルの資金調達に成功していました。

tZEROは2019年1月1日に、仮想通貨資産取引するの為の「総合プラットフォーム」の特許をアメリカ特許商標庁に申請を行い、有価証券やトークン、デジタル株式、現金同等物、デジタル資産等の「デジタル取引商品」の処理を行います。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

二酸化炭素削減取引にブロックチェーン技術導入の流れ

環境省が開催した事業課題検討会で、二酸化炭素削減取引にブロックチェーン技術を導入しようという試みが明らかにな…

アリババ系決済サービス「アリペイ」のブロックチェーン技術を用いた送金サービスがサービ…

2019年1月8日、中国のアリババ系決済サービス「アリペイ」のブロックチェーン技術を用いたクロスボーダーの送…

仮想通貨のカストディサービスの発足に向けて、大手投資会社フィデリティが最終テスト段階…

2019年1月31日、ウォール街における大手投資会社フィデリティが、仮想通貨のカストディサービスの発足に向け…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア