NEM.io財団が組織体系を改めることを発表 | 一部ニュースサイトが報じた「NEM.io財団倒産危機」報道に財団代表が反論

2019年1月31日、NEM.io財団が、プロモーション中心の組織からプロダクト中心の組織へと組織を再編することを発表して、併せて一部メディアから報道のあった「NEM.io財団が倒産危機」に対して、NEM.io財団代表がTwitterで反論しました。

今回の発表によると、月に900万XEM相当するバーンレートがあった以前の組織体系を改めて、新しい組織ではその半分未満のバーンレートに抑える計画にして、各地域の代表体制を新組織では廃止して、今後はプロダクトに特化した組織に変わっていきます。

2018年は仮想通貨市場で弱気な相場が続きましたが、その後、仮想通貨XEM(ネム/NEM)はピーク時から大幅に下落しています。

XEMの価格が高かった時は、以前の非効率的な組織体制は問題とされなかったが、「仮想通貨市場が低迷している現在では、大きな問題である」という認識をNEM.io財団は示しました。

一部のメディアで「NEM.io財団倒産の危機」と報道されたことについて、NEM.io財団の代表アレックス・ティンズマン氏は、「クリックベイトだ」と批判し、「NEM.io財団は破産ではなく、重要な組織再編である」だと主張しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2020年のアメリカ大統領選挙候補者が選挙への献金をビットコインで受け入れ

現在の日本では考えられませんが、アメリカの2020年大統領選挙において、選挙の活動資金をビットコインで受け入…

アメリカ合衆国テキサス州 が「ステーブルコインは通貨に相当する」 と独自の見解を述べ…

2019年1月2日、アメリカ合衆国テキサス州は、ビットコインをはじめとした仮想通貨よりも価値が安定しているス…

リップルネットへの参加企業が200社を超えたと発表、XRPを使用する金融機関も増加し…

仮想通貨XRPを発行してリップル社が、リップルネットの決済ネットワークに、新規で13社の金融機関が参加し、参…

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア