ビットコインに裏付けされたイーサベースの仮想通貨ラップビットコイン(WBTC)が取引開始

2019年1月31日、ビットコインに裏付けされたイーサリアムベースの仮想通貨ラップビットコイン(WBTC)が取引を開始しました(ビットコインとイーサリアムが1:1)。

ラップビットコインは、2018年10月にアメリカの仮想通貨ウォレット会社BitGoやKyber Network等が共同で立ち上げたプロジェクトであり、ERC20に準拠したトークンで、分散型取引所(DEX)やステープルコイン等の交換、支払い、スマートコントラクト等に使用出来るそうです。

ビットコインの流動性をイーサリアムに用いることによって、ラップビットコインは分散型取引所の中で、ビットコインの価値を利用した取引が可能になることが特徴だといいます。

CoinMarketCapでビットコイン価格とラップビットコインの価格を確認したところ、それぞれ日本円で、381,360円と380385円とほぼ同じでした(2019年2月2日午前11時)。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

英国ダミー企業がマウントゴックス事件の資金処理

マウントゴックスのハッキング事件にイギリスのダミー企業が関わっていることがわかりました。

中国政府の仮想通貨規制は、中国の仮想通貨業界にとって追い風になるのか?

中国政府によって規制強化が続く中国の仮想通貨業界ですが、中国のCAC(サイバースペース管理局)は、中国内で事…

ポロニエックスを買収したサークル社が元スクエア幹部を新CFO迎える

2018年3月26日、サークル社が新CFOにナイーム・イシャク氏を迎えると発表しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア