リップル社の法務部トップにアメリカ金融大手CIT出身者を迎える

2019年1月30日、リップル社は、法務部のトップにアメリカ金融大手CITで副社長やゼネラル・カウンセル等を歴任し、リスク管理等で責任ある立場にあったスチュワート・アルダロティー氏を迎えることを発表しました。

アルダロティー氏は、仮想通貨XRPをリップル社が未登録の証券として売却した等として集団訴訟が起こされている案件等、法務関係のグローバルチームを率いていきます。

リップル社のガーリングハウスCEOは、「金融機関や規制機関が、消費者保護の立場をとりつつ革新的なイノベーションを育てていく為に、私達のグローバルチームを率いていくリーダーは、スチュワート以外には適任者はなかった」と述べました。

現在、仮想通貨XRPをめぐってリップル社は集団訴訟の渦中にいるが、XRPをリップル社が有価証券として登録せずに発行したことやリップル社がXRPを売買することによってXRP価格を操作していることについて訴訟となっています。

2018年11月には、集団訴訟が州レベルから連邦レベルの裁判所に移管されて、リップル社の法律チームが戦術的に巧いと言われています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

有名な投資家ティム・ドレイパー氏がインドの仮想通貨政策につい自説を述べる

インドの仮想通貨政策について、投資家ティム・ドレイパー氏が自説を述べました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア