自らの医療データを自分で管理することを可能にするプログラム

Centrality とCoverUS、ユーザー自らの手による医療データの保護、参加によるリワードの取得を可能にします。

Centralityは、米国のヘルスケアにおける経済的ギャップを解消するモバイルヘルスアプリであるCoverUSに対し、最大の準備段階での資金調達であるプレシード投資を行う会社です。

両社は、まず世界最大のヘルスケア市場であるアメリカおよびニュージーランドにて技術的な統合と実証実験にむけて提携していきます。

この提携によって、オーストラリア、カナダ、イギリスを含む世界の公的市場でアプリケーションの普及が加速します。

今年デビューする CoverUSアプリは、ユーザーが自分の匿名のヘルスケアデータへのアクセスを許可することを選択した場合にリワードを与えて、さらにユーザーがヘルスケアシステムに直接エンゲージすることを可能にします。

すなわち、リサーチャーに対して「現実世界のデータ」を提供し、彼ら自身の健康を改善し、これによってシステムコストの削減につながります。

患者とヘルスケア業界のこの両側面から成り立つマーケットプレイスは、メンバーが参加することを通じて経済的な見返りを得ることができるようにするという、CoverUS本来の目標を達成するように設計されています。

「CoverUSへの投資はCentralityにとり、まさにこれぞというものです。

CoverUSの方向性はCentralityの「企業の利益によって支配されない世界」(a world uncorpoated)というミッションステートメントにあるものとぴったり一致しています。 CoverUSはヘルスケアにかかる経済的な負担を軽減し、ユーザーがより長く、幸せな人生を生きるように手助けすることです」とCentralityの技術・エコシステムストラテジストであるPhil Williams氏が述べています。

米国だけでも、年間3兆ドルが医療に費やされています。

外部のデータブローカーは、ほとんどの消費者が気づかないうちにあるいは同意をしないうちに、何十億という患者のデータを売買しています。
その一方で、健康上の貧困は蔓延し、アメリカ人の3人に1人以上が100ドル
の医療費を支払うことができない現状にあります。

「Centralityは私たちの最大の支持者の一つであり、私たちにとって極めて重要なパートナーです」とCoverUS会長のChristopher Sealeyは述べています。

CoverUSは、ユーザーをパートナーとしてとらえ、ユーザーが自分の情報と経済的な幸福を自らの手で管理できるように目指しています。 CoverUSは現在、クラウドファンディングを活用しシードラウンドの資金調達を行っています。

ブロックチェーンについて

ブロックチェーンは分散型台帳の一種です。

分散型台帳とは、ネットワークに接続された多数のコンピュータに複製された一連のデータです。

ネットワーク上のコンピュータはさまざまな場所にあり、多くの国に分散して存在していることが理想です。 分散型台帳はプロトコルを用い、データに変更があれば各コンピュータすべてに複製され、データは合意された既知の状態に収束します。 良い比喩として考えられるのは、データと検証ルールが多数のコンピュータ上に複製されたスプレッドシートです。

スプレッドシートの1つのセルが変更されると、そのスプレッドシートのすべてのコンピュータ上の状態が変更されるものです。

ブロックチェーン技術は分散型台帳の一種であり変更不可能であるため、ひとたび公開されればデータを削除、変更することができません。

台帳は金銭的なインセンティブを用いて、参加ノードが共同作業をし台帳を維持管理するように設計されています。

Centralityについて

Centralityは、主要産業のイノベーターと提携して分散型のP2Pアプリケーション市場を構築するブロックチェーンのベンチャー企業です。

そのプラットフォームを通じ、ユーザーはブロックチェーン対応のP2Pインフラを利用することによって、日々の仕事を管理し、エクスペリエンスを得ています。

Centralityは、20を超えるアプリケーションを擁しており、その数も増え続けています。

それぞれのチームが独立して機能して価値を生み出していき、お互いが成長するようなシステムです。

オークランド、メルボルン、そしてシンガポールにまたがるチームとともに、Centralityは世界中のお客様が、ブロックチェーン対応の未来に移行できるよう支援しています。

CoverUSについて

CoverUSの使命は、あらゆる場所のすべての人々が、ヘルスケアをより安価に利用可能にすることです。

その実現方法として、ユーザーをコネクトした、完全に同意された世界で最も価値のあるヘルスデータ資産の構築を目指しています。

CoverUSの目標は、積極的に参加するCoverUSのメンバーが、このアプリを通じて、年間1,750ドルの収入を取得することを可能にすることです。

それは約4300万人のアメリカ人が抱える平均医療負担の問題を解決するのに十分な数字です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨ADAの新型ウォレットがリリースとホームページ上で発表

これまで、仮想通貨ADAの公式ホームページ上で「特別発表」が近日公開とありましたが、その特別内容が公開されま…

スターバックスがコーヒー農家の為にブロックチェーン技術を用いた新たな試み

ブロックチェーン技術を利用したスターバックスの新たなプロジェクト「Bean to Cup」がコーヒー豆農家を…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア