仮想通貨カストディのビットゴーがハッキング等を補償する保険プランを発表

仮想通貨のカストディを行なっているBitGo(ビットゴー)が、自社のカストディに入る全ての仮想通貨に対して最大1億ドル(約110億円)を補償する保険プランを提供すると発表しました。

発表によるとビットゴーは、1億ドルの保険プランに加えて、会社役員賠償責任保険や過失怠慢責任保険などの保険も準備して、イギリスのロイズ銀行を通して提供されていきます。

ビットゴーの保険は、ハッキングなどによって秘密鍵を失ったり、秘密鍵にダメージがあった時に支払われます。

ビットゴーは、ここまで徹底したプランは業界では見当たらないと自信をみせました。

先月には仮想通貨の店頭(OTC)取引プラットフォームであるジェネシス・グローバル・トレーディングと提携し、ビットゴーののカストディから直接仮想通貨を取引できるようになると発表していた。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

スイス金融当局がICOの規制ガイドラインを発表

スイスの金融市場監督局(FINMA)は2月16日にICOの規制に関するガイドラインを発表しました。

「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称変更に菅官房長官がコメント

「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称変更に菅官房長官がコメントしました。

アメリカの議会議員が自身が所持する仮想通貨の保有額を公表する

アメリカの下院議員は新ルールにより、1000ドルを超える仮想通貨を本人又は配偶者が所持している場合は報告をし…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア