仮想通貨取引所Liquidがクレジットカードで仮想通貨の購入が可能になる。今後円やドルへの対応も

2019年2月21日、仮想通貨取引所取引所Liquid(リキッド)が、ビザやマスターカード等のクレジットカードを用いて仮想通貨の購入をすることが出来るようになったことを発表しました。

現在は、対応する通貨はユーロのみだが、今後は円やドルの利用も可能になるそうです。

クレジットカードでの仮想通貨の取引手数料は5%で、例えば1000ユーロを振り込んだら、950ユーロが振り込まれるそうです。

Liquidは、ビットコインやイーサリアム、XRP等の暗号資産を購入するためのプロセスはシンプルであるべきと主張しており、クレジットカードやデビットカードを用いて法定通貨を口座に加え、仮想通貨を購入することが出来る仕組みの重要性を指摘しました。

ユーザーは、Liquidのパートナーであるフィンテック企業Simplexの決済システムを用いて、5分未満でビザやマスターカードから口座に資金を入れることが可能であり、その資金によって、仮想通貨の取引やトークンセール等Liquidのすべてのサービスを使えるそうです。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

JPモルガンが「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている」と分析

低迷が続く仮想通貨の相場が続いていることから、「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている…

有名な投資家ティム・ドレイパー氏がインドの仮想通貨政策につい自説を述べる

インドの仮想通貨政策について、投資家ティム・ドレイパー氏が自説を述べました。

インド政府の高官が 「仮想通貨は合法化されるべき」と発言

インド政府が「仮想通貨を合法化するべき」と考えを明らかにしたことが、2018年12月26日に報じられました。…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア