イーサリアムのハードフォークが無事に完了。PoS採用に向けて前進

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアムの大型ハードフォークでが実行されましたが、現在(2019年3月1日)のところ、バグや仮想通貨の分裂など確認されていません。

今回のハードフォークによって、イーサリアムはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の採用に向けて一歩前進しました。

今回のハードフォークが予定されていた728万ブロックに到達したのは、日本時間で2019年3月1日の午前4時57分頃で、コンスタンチノープル(Constantinople=イーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)移行に向けて効率面で複数の改善を目指す)とセントピーターズバーグ(St. Petersburg=2019年1月に発見されたコンスタンチノープルのコードの脆弱性に対処するもの)の2つのハードフォークが同時に実行されました。

なお、ハードフォークによって新しい仮想通貨は生まれないようです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「デジタル・ゴールド」と呼ばれる「ビットコイン」の検索数が伸び悩んでいる現象について

世界的に株価の下落が進んでいることに不安を覚えて、「金」のGoogle検索数は増えているそうですが、それに対…

BitFlyerがビットコイン決済サービスを導入

日本の大手仮想通貨取引所bit flyerが、ビットコインの決済サービスを導入。

中国の中央銀行、ブロックチェーンプラットフォームを発表

ブロックチェーンの実装を世界で初めて実現したと発表がありました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア