イギリス人の仮想通貨への投資の大半が「手っ取り早くリッチに」なる為に行われている

2019年3月7日、イギリス人の仮想通貨への投資の目的は「手っ取り早くリッチに」なるためであることが分かりました。

イギリスの金融行動監視機構(FCA)によると、仮想通貨投資に関して、イギリスでは仮想通貨に関する法規制が整っておらずリスクが伴うと改めて警告をしました。

調査会社リビーリング・リアリティが実施した仮想通貨に関する調査によると、多くのイギリス人が仮想通貨を「手っ取り早くリッチになる」手段とみており、そう回答した人は、仮想通貨投資を行なった動機としてSNSで他人の行動に言及することが多い他、ほとんどの人が仮想通貨のことを理解をあまりしておらず、「コインを購入する時、1コインすべてを購入しなければならず、部分的に購入できることを知らなかった」そうです。

他にも、十分な調査をせず、有力な情報などを頼りに最初の仮想通貨を購入したという人が多かったとのこと・・また、カンターTNSが2018年12月にイギリス人2132人を対象に実施した別の調査では、仮想通貨を知っていると答えたのは、回答者のわずか4分の1で、ほとんどが20~44才の男性だったであり、58%が仮想通貨を聞いたことがないとの回答でした。

また、仮想通貨を知るようになったきっかけに関しては、23%がオンラインニュースと答え、22%が従来型のメディア、16%が家族や友人との回答であり、仮想通貨を実際に購入していたのは2132人中わずか51人で、うち半数が事前に調べたと答える一方、25%が家族や友人や同僚から話を聞いただけで購入しており、また31%が、先の調査同様、仮想通貨購入はギャンブルで金儲けの手段だと認識していることも分かりました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

韓国政府が自国の仮想通貨取引所をベンチャー企業としての枠組みから除外することを発表

2018年8月13日、韓国政府は、仮想通貨取引所をベンチャー企業としての支援を行わないことを公表しました。

SWIFTやリップルアリペイ等との競争が激化か!?UAEとサウジアラビアでクロスボー…

2019年1月19日、アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアが、クロスボーダー取引を円滑に行う目的で新た…

金融庁がコインチェックを仮想通貨交換業として認可

2019年1月11日、日本の金融庁は、みなし仮想通貨交換業者コインチェックに仮想通貨交換業者としてライセンス…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア