Cardanoプロジェクト3社の1社であるEMURGOは、ブロックチェーンエクスプローラー「セイザ」の近日リリースをIOHKサミットで発表

第3世代ブロックチェーンCardanoの内の1社である、商業特化した株式会EMURGOは、他のブロックチェーンエクスプローラーよりも多くの機能を備えた、EMURGO開発によるCardanoブロックチェーンエクスプローラー『セイザ』をリリースすることを発表します。

「セイザ」のリリースは5月末となる予定であり、「セイザ」は日本語の「星座」が由来となっており、EMURGO初のプロダクト「ヨロイ」のように、EMURGOに受け継がれる日本らしさを反映すると共に、ブロックチェーンにおける総合的な指針となることを目指すという意味が込められています。

「セイザ」の戦略的開発は、Cardanoの導入を推進するEMURGOの取り組みとシナジーがあり、ADA保有者に価値をもたらします。

ブロックチェーンエクスプローラーは、暗号通貨検索エンジンと同様に、ブロック・過去の取引や中断された取引・ウォレットアドレスの取引履歴など、特定のブロックチェーンに関するデータの検索に用いることができます。

ADA保有者は「セイザ」によって、現在240万以上の有効化されたブロックを持つCardanoについて、トランザクションを素早く追跡することが可能となります。

Cardanoは、通信ネットワークへの負担の少ないPoS(プルーフオブステーク)のコンセンサスメカニズムを採用しており、Cardanoが今後、公式にロードマップの第二段階「Byron」の時代から移行するのに伴い、Cardanoの暗号通貨であるADAの保有者は、まもなくステークプールに参加することができるようになります。

PoSを活用した正式なブロックチェーンプロトコルでは、より多くのADAのステーキングを行うユーザーは、ブロック作成者として選ばれる可能性が高くなり、ゆえに報酬を得る機会も拡大します。

このため、ネットワークの安全性を保ち、トランザクションの認証を行うにあたって、ステーキングは重要な役割を果たすと言えます。

ステークプールは常にオンラインであることを保証できる複数のユーザーにより運用され、ユーザーは自身のステークをプールに委任することができるようになります。

ADA保有者は『セイザ』により、こうしたステークプールのデータへの即自アクセスが可能となります。

チャールズCEO コメント

「EMURGOがこのようにコミュニティーにとって有用で革新的なプロダクトを開発したことに興奮しています。透明性を担保することはCardanoブロックチェーンの核たる機能であり、『セイザ』はこの機能を素晴らしい方法でユーザーに届けるでしょう」

ニコラス・アルケロスCTO コメント

「EMURGOの使命はCardanoコミュニティーに対して価値のあるプロダクトを提供していくことです。『セイザ』はユーザーフレンドリーなツールとして非常に重要です。Cardanoエコシステムのさらなる発展を実現するものとして、EMURGOは大きな喜びを感じながらこの開発に取り組むことができました」

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

コインチェックNEM騒動の最中に約373億円相当の資金移動疑惑

コインチェックのNEM盗難が発覚後373億円相当のLISKの送金が明らかになりました。

スイスのファルコンプライベートバンクが、仮想通貨から法定通貨に両替することが出来るウ…

2019年1月21日、スイスのファルコン・プライベートバンクが、ビットコイン等の仮想通貨を直接送金したり、仮…

コインチェックで仮想通貨が盗まれた場合の税金について

コインチェックでNEM580億円相当が盗まれ税金が気になる方も多いと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア